ケニー・オメガ IWGP

画像

6・9
新日大阪城大会は大波乱。
絶対王者のオカダがケニーに敗れ
13度目のIWGPを守れなかった。
無敵と思われたオカダだったが、
やはり彼を破るのはケニー・オメガだった。
昨年の大阪で60分ドローになったため
今回は時間無制限3本勝負という初のルール。
こういうスタイルは昔はあったけど、
最近のプロレスではない。
これはペース配分が問題になる。
1本目は30分近い通常の戦いになった。
お互い決め技が決まらず、
ケニーの技を返したオカダが逆さ押さえ込みという地味技で決まった。
2本目はケニーのラッシュが続き、片翼の天使。
これで大ダメージを負ったオカダがスタミナも失った。
ケニーは全くスタミナの衰えがない。
3本目はケニーが、後藤との勝負の際出した
スタイルズクラッシュやフェニックススプラッシュで
攻め立て、片翼の天使の強烈バージョン。
総合時間は64分超えという、前代未聞の長丁場。
二人とも驚くほどの超人ぶり。
ヤングバックスとも和解したようで、バレットクラブも復活。
ケニーがIWGPを戴冠したことで
またまた新しい戦いが起こりそうだ。
IWGPの移動があった前には
インターコンチ内藤がジェリコに敗れる波乱。
Jrのオスプレイも、ヒロムに敗れる波乱。
IWGPタッグもNEVERも移動する大波乱。
大阪城は荒れるなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック