アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
藤井龍二の馬耳映風
ブログ紹介
月刊星ナビ「やみくも天文同好会」の藤井です。
天文、ロードショー、プロレスフアン、乗馬、ジム通いなどなど。
んなこと書きなぐっています。
ホームページもリニューアル!
dragon2@mqb.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yamikumo/

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
新日波乱
新日波乱 新日大波乱。 IWGP挑戦権利書をかけた棚橋がオカダに完勝。 かなりリスキーな戦いだったが これでエース復活の完全証明ができた。 しかし、気になるのが最近のオカダだ。 12連勝と勢いに乗ってたのにケニーに 破れてからやや勢いがなくなってきた。 レインメーカーが読まれているから決定打がない。 G1でも取りこぼしが多かったし、 ケイオスの内紛が露見してきた。 YOSHとのギクシャクで調子が出ていない。 そんな状況で棚橋に勝てなかった。 さらにはジェイの反乱。 そしてまさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/26 01:53
中秋の名月
中秋の名月 本日は中秋の名月。 でもかなりの曇り空。 月の出あたりは綺麗に見えていたが 油断したら雲が覆っていた。 そんななか隙間でなんとかとらえた。 しかしこんなに暖かいと、中秋とは思えない。 今回も中秋の名月は満月ではない。 この撮影時は月齢14・7、 満月(月齢15・4)は明日のお昼頃なので、 まあ、ほぼ満月でいいだろう。 一昨年静岡で撮ってたススキをまた合成して、雰囲気を出した。  そして夜中、晴れてる。 雲はあるけど、天頂にあるから雲の間に顔を出す。 月齢は少... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/25 01:06
「漫画の祖、ふたり 〜楽天と一平〜」
「漫画の祖、ふたり 〜楽天と一平〜」 「漫画の祖、ふたり 〜楽天と一平〜」を紀伊国屋ホールで観る。 久しぶりの芝居。 なかなかよくできてる作品だった。 今ちょうど、「漫画誕生」の映画が完成し、来年公開となる。 その関係もあってご招待をいただいた。 このホールで芝居を観るのははじめてだが、見やすい劇場だ。 映画では絶対座らない真ん中あたりの席だが、全体が見渡せ見やすい。  北沢楽天のことは知ってるから、興味深く鑑賞できた。 演出も凝っていて、うまく場面を変えて、飽きさせない展開。 大正時代に時事新報社で大御所とな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/24 02:18
「パッドマン」
「パッドマン」 「パッドマン」の試写案内が来た。 「パッドマン」って、なんだ? 「iPadマン」ではないし、「バッドマン」でもないし「バットマン」でもない。 なんとこのパッドは、女性の生理用品のことだった。 そして、インド映画だ。 最近のインド映画にハズレはないし感動もする、これは観なくては。 いいとこつくなあインド映画。  インドは「ダンガル」でも描かれたように、女性差別がすごい。 女は料理と子供を生むだけの道具と思われている。 その女性が悩むのが生理。 これは男性には全くわからないも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/23 19:15
駒ヶ根
駒ヶ根 長野、駒ヶ根へ。 久ーーしぶりで駒ヶ根に立つ。 そう、木曽駒に行ったとき以来だから、けっこうなご無沙汰。 木曽駒は天気が良ければ絶好の天文観測基地になる。 千畳敷ホテルに泊まればいいのだが、ここは混んでるし高い。 そこで、行くなら宝剣岳の山小屋がいい。 多くの人はここをベースに他の山をめざすが、天文ファンならここを基地に粘る。 ほんと天気が良ければ最高なのだが、なかなかそういう機会にはならない。 曇りくらいだったら行くつもりでいた。 しかし、当日はあいにくの雨の気配。 電... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/22 15:42
「ザ・プレデター」
「ザ・プレデター」 「ザ・プレデター」 このシリーズはもう何年経ってるのかな。 シュワちゃんの「プレデター」は衝撃だった。 87年公開なのでもう30年も続いてる。 でもシリーズなのかどうかはよくわからない展開になってる。 だいたい「エイリアンvsプレデター」なんていうスピンオフにも発展してる。 こうなると、よくわからない。 「プレデターズ」はプレデターの惑星に連れて行かれた犯罪者の話だった。 これもちょっと違和感ありの作品だった。 そして今度が「ザ・プレデター」ということなので、第一昨あたりの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/21 19:22
「500ページの夢の束」
「500ページの夢の束」 「500ページの夢の束」 なかなかいいじゃないか。 いろいろな難病を扱う映画は多いが、こういう冷めた目で捉える作品は好感が持てる。 邦画のように、強引に泣かせようというのはしらけるし、安っぽくなる。 他の国ではこうしてもっと違う角度から描くのだ。 こういうところが邦画の弱点だ。 ダコタ・ファニングがすっかり大人になっている。 ちょっと太目になってきたのが気になるが、まあ頑張ってもらいたい。 面白いのはウエンディは「スタートレック」の大フアンで、その脚本を書いている。 冒頭か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/19 12:02
「MEGザ・モンスター」
「MEGザ・モンスター」 「MEGザ・モンスター」 名作「ジョーズ」の巨大版と期待したが 意外に小粒で、サメの巨大さがあまり伝わらない。 おまけにジェイソン・ステイサム主演なら、期待してしまうが、イマイチ活かされてない。 飛び込みの世界チャンピオンだったステイサムだから、初めての海洋アクションに期待したんだが。 だいたい中国資本でつくられたのが見え見えで、そのため勢いが落ちてしまった。 監督がエンタメのジョン・タートループなのにおとなしすぎる。 これもなんか中国のプロデューサーが口出ししたからじゃないか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/12 13:43
日中友好漫画展
日中友好漫画展 11日から、虎ノ門の中国文化センターで「日中友好漫画展」が開催される。 9月11日(火)〜21日(金)開館時間10:30〜17:30 (初日13:30〜、最終日13:00まで) 土日休館。無料。 11日は13:30からトークイベントと開会式。 日本と中国の漫画家の合同漫画製作展。 私も出品してるので 昨日はその展示手伝いに出向く。 額入れから展示レイアウトまで、 なんだかんだで丸1日かかった。 ぜひ、日中の特色ある漫画をご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/11 00:05
「アントマン」
「アントマン」   「アントマン&ワスプ」はおもしろかったが 第1作の「アントマン」の印象があまりないのは自分でも不思議。 他のマーベルヒーローに比べ、迫力もなく、キワモノっぽいから ついでに観たという程度だった。 そのため、一発もの程度しか思っていなかったのか印象が薄い。 ところが、「アベンジャーズ:インフィニティウオー」のカギを握る存在とわかって これはちゃんと観なくては、となった。 しかし、前作がなぜかしっかり覚えていない。 ところどころに印象はあるが、なにか迫力不足のため、断片的。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/08 15:07
「ザ・マミー」
「ザ・マミー」 ギプスが取れた。 ? はい、8月モンゴルで骨折したのです。 落馬ではない。 現地カラコルムでレントゲン撮ったら左手首太い部分のきれいな骨折と判明。 職業柄、きれいな線は引きたい。 帰国して診療したら全治4ヶ月になった。 でも回復が早く、ほぼ1ヶ月目の本日、ギプスが外れた。 お別れの記念写真。 うっとおしいギプスが取れて左手が軽くなった。 モンゴルでは昔ながらの石膏のギプスだったが 帰国後は軽い樹脂のギプス。 それでも包帯ぐるぐる「ザ・マミー」状態だったので、 会う人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/07 14:24
「アントマン&ワスプ」
「アントマン&ワスプ」   「アントマン&ワスプ」 やっぱりおもしろい。 前作ではちょっとキワモノのマーベルヒーローという感じで あまり出来は面白くなかった。 しかし、「アベンジャーズ:インフィニティ・ウオー」で見方が変わった。 なにせ驚愕な展開をした「インフィニティ・ウオー」でキーとなる可能性があるのが この「アントマン」とあっては見逃せない。 「シビルウオー」から続いている展開が興味を引く。 しかしうまい展開だな。 前作で量子世界に行ったアントマン。 その世界が次回作の「アベンジャーズ4」で重... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/04 01:07
「オーシャンズ8」
「オーシャンズ8」 「オーシャンズ8」を観る。 意外にも混んでいて、平日に観ることにした。 それでも女性が多く入ってる。 ただ、雷雨のせいか、映画が途中でダウン。 30分以上の中断の後再開したのは興ざめだった。 おまけに子連れがいてヒソヒソと耳障り、だいたい子供にはわからんだろうに。 それとは裏腹にゴージャスな映画はいい。 泥棒も華麗な方がいい。 「オーシャンズ11」シリーズでは男どもがラスベガスから大金を奪うモノだったが 今回は女性の泥棒グループが華麗に宝石を盗むというから それなりのゴー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/08/29 11:23
ウランバートル
ウランバートル ウランバートルはここ数年で大きく変わった。 10年ほど前はビルや車が多くなった くらいしか思わなかったが ここに来て急速に発展してる。 観光客が行くザイダンの丘から見る街並みはビル群。 その丘の前にもでかいおしゃれビルが建って、 駐車場からの見晴らしが悪くなった。 近代的なビルも多く建って、昔の面影はない。 多くは中国資本らしく、 なにやらここも侵略されてる感じがする。 街中車が溢れてる。 多くは日本の中古車。 道路事情が追いついていなにので 朝夕はほとんど動か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/28 00:56
満月ジャスト
満月ジャスト 満月。 今夜の月は本当の満月になった。 時間は21時ごろがそのとき、月齢15・1。 地球との距離約40万3300km、 けっこう小さな満月になる。 ちょうど満月時に、みずがめ座の6等星が 月から出現、この明るさではわからない。 部分日食から半月経った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/27 00:46
「マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー」
「マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー」 「マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー」を観る。 旅行に行ってたのと仕事が忙しくて映画を観れなかった。 ようやくタイミングがあったので。とりあえずこれ。 いいなあ、アバ。 10年前の「マンマ・ミーア」は新鮮だった。 アバのヒット曲をうまく物語にして繋いでいく。 新しいミュージカル映画として見応えがあった。 その続編がこれ。 って、10年後の話だが、みんな全然変わっていない。 この豪華なスターの競演が素晴らしい。 主演だったドナのメリル・ストリープが亡くなっていたから、今回の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/26 00:02
キャラ展前夜祭と月
キャラ展前夜祭と月 今年も12月にキャラクターアート展が開催される。 その前夜祭というわけではないが半年ぶりで皆さんと会う。 いつもの新橋のお店貸切でワイワイ。 こちらはギプス姿なので違和感あったが、話題提供にはよかったかも。 二次会は遠慮。 すると帰り道雲間に明るい月と火星の競演。 そうかもう直ぐ皆既月食から1ヶ月だ。 全体は台風一過で晴れてるが、ところどころ雲が湧いて、いい雰囲気になっている。 まだまだ火星は明るい。 モンゴルで見た火星はこの倍はあったな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/25 01:19
「サーチ」
「サーチ」 「サーチ」の試写案内がきた。 全く知らない作品。 でも新しいジャンルの映画らしい。 というのも、全編PC上で描かれるもの。 サーチとは検索のこと、 主演がジョン・チュー、 ってだれっだっけ? あ、「スタートレック」のスルーじゃないか。 「ST」ではあまり目立った活躍がないが、 この作品では違う。 失踪したJKの娘。 父親はSNSなど手がかりに検索していくと、 そこには父が知らない娘がいた。 監督はPCだけで短編を作った インド系アメリカ人アニーシュ・チャンガイ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/24 00:14
カラコルム2
カラコルム2 今回滞在したのは欧州客に力を入れてる カラコルム近辺の2つのゲルキャンプ。 なかでもフランス人が圧倒的に多い。 滞在中もおフランス語が飛び交い、 カラコルムにいる感じがしなかった。 ゲルもきれいで、食事もおいしく、洗練されてる。 オーナーはアジアの人を呼び込見たいと言っていた。 ここの売りはエコなので、電気も水もない。 といってもディナーの間3時間だけは 発電しており、その間充電できる。 水はやかんと魔法瓶のお湯だけ。 でも髪を洗うサービスはあった。 そして毎朝夕、蒸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/23 00:08
カラコルム
カラコルム カラコルムは朝青龍の父親のふるさと。 ここに朝青龍の経営するキャンプがある。 名前は「ドリームランド」 なんだか奈良にあった遊園地みたい。 街のはずれにある。 結構奥まったとこで、まわりは樹が鬱蒼としてる。 おまけに川のほとり。裏は山。 モンゴルの人にとってはこういう ロケーションはとても贅沢なんだとか。 そこは冷暖房完備のゲルらしくないゲルキャンプ。 飯がうまいというので昼食に寄る。 レストランには壁一面に朝青龍の雄姿が飾ってある。 さすが食事は美味しい。 結構... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/22 00:01

続きを見る

トップへ

月別リンク

藤井龍二の馬耳映風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる