「ブラック・ウィドウ」  2021年アメリカ 

「ブラック・ウィドウ」 待ちに待った作品。 「アベンジャーズ」のメンバーの中でも謎に包まれていた 「ブラックウイドウ」の過去が露わになる。 途中ややダレるのがもったいないが ナターシャ(スカーレット・ヨハンソン)の思いがよくわかる。 ケイト・ショートランドというドイツ女性監督なので こういう家族の細やかな演出が…
コメント:0

続きを読むread more

東京ドーム7・25

五輪はどうでもいい、 7月25日は大事な新日東京ドーム大会。 本来なら5月末に東京ドーム大会を開催する予定だったが コロナ事情で7月に延期となった。 その後オスプレイの欠場もあって、 現在 IWGP世界ヘビーはオカダを退けた鷹木信悟の手にある。 7月25日メインは そのIWGP初代王者の飯伏幸太を 鷹木信悟が 迎え…
コメント:0

続きを読むread more

バックムーン

今宵は満月(バックムーン) 本当は11時半頃だったので9時間遅れになった。 まあそのくらいはいいとしよう。 雲だらけの中にわずかな隙間がある。 そこに昇ってきたばかりの満月が入った。 黒い細かな雲がゴミのように月の上を通り過ぎる。 土星が近くにあるようだが、全て雲の中。
コメント:0

続きを読むread more

金魚

ジニンピックが始まるようだが見る気もない。 そんな夕暮れ 西空だけ晴れ間があり夕焼けが美しい。 まるで魚のような黒雲の上に 餌のようにも見える、金星が眩しい。
コメント:0

続きを読むread more

金星レグルス2

ジニンピックがおもしろい。 そんな日の夕暮れの中金星が明るい。 まだ青い中でもキラキラしてる。 そのそばにレグルスが小さく輝く。 今夜、金星とレグルスが大接近した。 その感覚は1度ちょっとなので 望遠 600mmでも同じ視野に入ってる。 少し引いてみると火星も入っている。 20時頃、高度6度でもしっかり見えていた…
コメント:0

続きを読むread more

「SEOBOK ソボク」    2021年韓国

「SEOBOK ソボク」 SF映画なのだが韓国らしい湿った感じがする。 日本でも同じような感になるかもしれないが 韓国のエンタメは優れている。 韓国映画では珍しいクローン人間の話。 iPS細胞から作られたようなことを言ってるが クローン少年がなぜか凄い能力を持ってるのが不思議。 まるで「Xメン」のマグニートのような…
コメント:0

続きを読むread more

「ディープブルー2」   2018年アメリカ

「ディープブルー2」 これはDVDスルーでも仕方ない。 全く盛り上がらないB旧作品。 99年のサミュエル・L・ジャクソン「ディープブルー」は 意外に面白かった。 アルツハイマーの研究をしている施設はサメを実験に使っていた。 その中のサメが知能を持ち凶暴化する。 アルツハイマーの研究は「猿の惑星」の元になったもの…
コメント:0

続きを読むread more

金星レグルス

夕方もいい天気。 夕焼けの中に金星が眩しい。 近くには、しし座レグルスがいる。 22日には約1°10′まで 接近する。 今夕はまだ3°以上も離れている。 金星はマイナス3・9等もあるから青い空でも見える。 レグルスは1・4等と暗いが、意外にくっきり見える。
コメント:0

続きを読むread more

金星ISS

またまたまたしつこくISSの件。 今夕は金星の近くを通過。 かなり低空でまだ薄明も残り、ISS自体も暗い。 そんな条件だけど、しっかり見えていた。 金星がマイナス3.9等 火星は1・8等 しし座αレグルスが1・3等 しし座γアルギバエが2・0等 そこを通過するISSは0等くらい。 明るい中、かすかな軌跡とな…
コメント:0

続きを読むread more

日没ISS

またまたISS 日没時直前の19時03分に 上弦の月のそばをISSが通過。 もう少し北に行くと月の上を通るのが見えたようだ。 それでも月のそば、月2・5個分のところを通っていく。 空が明るいから露出が難しい。 ISSはマイナス3・8等の明るさなので 肉眼でもキラリとしたのが見えた。 よく見ると形が変わって飛ん…
コメント:0

続きを読むread more

ISS

連夜ISSが通過する。 丑三つ時にもISSが真北を通る。 ちょうど、こぐま座を貫く軌道、 マイナス2等と明るいから目立つ。 北極星を過ぎたあたりから一段と明るさが増し マイナス2・7等までになる。 深夜なので街明かりも弱まって、淡い星も写っている。
コメント:0

続きを読むread more

月ポリマISS

梅雨明け。 といっても薄雲が覆っている空。 北西の空にISSが雲も物ともせず通過していく。 ちょうどスピカ、アルクトゥルス、デネボラで描く ”春の三角”の中を通過していった。 月齢6・5の月のそばには、おとめ座のポリオがいた。
コメント:0

続きを読むread more

ボーダー金星火星

そろそろ梅雨明けの予感の空。 ボーダー雲の夕暮れの中で金星が明るい。 その金星のそばに火星がある。 13日に最接近したが曇り空で見えなかった。 低空だし雲があってなんとか見える程度。 西空には月齢5・4の月が薄雲の中にある。 同じ頃北の空をISSが飛んだが、雲が多くて見えず。 久しぶりに晴れ間があると忙しい。
コメント:0

続きを読むread more

「サバイバーズ」   2012年トルコ

「サバイバーズ」  トルコ映画。 当然日本では公開していないようだ。 「ザ・ウオール」にも似た主に2人だけの物語。 トルコは大昔から戦争が多い。 近年は隣国シリアとの紛争が絶えない。 この映画は時代ははっきりしないが反政府軍との戦いとあるので 時代的にもメカ的にも80年代から90年代の トルコ軍とクルディスタン労…
コメント:0

続きを読むread more

はくちょうISS

曇りの夕方と思っていたら 意外にも晴れ間が広がっていた。 今夜20時半ごろ、 こと座からはくちょう座にかけISSが飛ぶのに気づく。 慌ててカメラを向けた時、明るい光が飛んできた。 ISSは最大マイナス3・7等という明るさなので驚くほど目立つ。 金星のようなものが眩しいくらいに飛んでいく。 東になるにつれ、淡い光とな…
コメント:0

続きを読むread more

カシオペア

夜半、久しぶりに晴れた空を見る。 街明かりで空は白いものの 北極星がなんとか見える。 少し流すと、カシオペアやペルセウスが浮かび上がる。 6・5等までは確認出来る。 北斗は地平にあるので厳しいが、ミザールが見えている。
コメント:0

続きを読むread more

THE21

「THE21」PHP研究所 今月の特集は「リーダーは聞き方が9割」 好かれるリーダーは大変。 連載「商品に歴史あり」332回は おなじみ「リンガーハット」 いろいろチェックが入ってギリギリ入稿。 関東第一号店は、ウチのすぐ近くにあったらしいが 今はない。 コロナ影響で店舗の縮小も多いという。
コメント:0

続きを読むread more

「ゴジラvsコング」    2021年アメリカ

「ゴジラvsコング」 これはど迫力。 怪獣界の猪木馬場、 ゴジラとキングコングの一騎打ちとあって見応え十分。 だが、かなり無理な展開になってしまった。 それでも街を破壊しながらのど迫力格闘はすばらしい。 しっかり前哨戦とメインがあって、サービス満点。 この作品は「モンスターバース」の4作目で、 2014年「ゴジラ…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン1

七夕なのでワクチン1回目の接種。 「七夕とかけてワクチンととく」ココロは”あ・いたい” 6月に接種券なるものがきたがそのまま。 7月になり、五輪株の様相もあって予約。 近くの医院などでもできるが、 どうせならと大宮の接種会場にした。 ネットではどの時間でも余裕があるので適当に。 当日、大宮駅からシャトルバスも出てる…
コメント:0

続きを読むread more