アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
藤井龍二の馬耳映風
ブログ紹介
月刊星ナビ「やみくも天文同好会」の藤井です。
天文、ロードショー、プロレスフアン、乗馬、ジム通いなどなど。
んなこと書きなぐっています。
ホームページもリニューアル!
dragon2@mqb.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yamikumo/

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
月面X 
月面X  今年最後の「月面X」が見られた。 運良く快晴の秋空で気持ちのいい抜け具合。 最近はNASAでも月面Xが認知され ”月面LOVE”も公認したらしい。 月はまだ、やぎ座にとどまっており 火星に近づきだした。 その模様も昨日に続いて撮ってみる。 こんな月明かりと街灯の中でも、気持ちがいいくらい星が写る。 数分流してみると意外に写るものだ。 やぎの尾ひれになるデネブアルゲティ(2・8)と ナジラ(3・7) がけっこう明るい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/16 02:00
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ボヘミアン・ラプソディ」 『ボヘミアン・ラプソディ』を日比谷TOHOで観る。 ここに入ったのは初めて。 ここがオープンしてから行く機会がなかった。 最初入口が分からなかった、そういままでの方向ではなかった。 さすがにきれいな空間。 広い空間なのでこのフロアにスクリーンがあるみたい。 だからかレイアウトがわかりにくい。 この作品は意外に大きなスクリーンでやっていた。 最前列でも見やすいシネコン作りなのでいい感じだ。 スカラ座のミニバンという感じかな。 「ボヘミアンラプソディ」は大スクリーンで観ないと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/15 02:02
やぎ座
やぎ座 珍しく晴れている。 そろそろ上弦になる月齢6・8が輝く。 そんな月はやぎ座にいるから この街灯りの中でどこまで写るのかやってみた。 おお、雲が多いにもかかわらず やぎ座の三角パンツがよくわかる。 そのなかを飛行機がジャマをする。 近くには火星がまだいて、 雲のなかでも存在感あり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/14 20:16
連載300回
連載300回 月刊誌「THE21」(PHP研究所) ここで連載してる「商品に歴史あり」が おかげさまで、なんと今月号で300回!を迎えた。 パチパチドンドンパフパフー 25年やってるから ほぼ平成時代を見てきたことになる。 この本の中で最長期連載になってしまった。 一応、雑誌の中では好評連載ということ。 以前、フリーペーパーで全雑誌のなかで”人気連載”の一つとして 紹介されたことがあるので、そういうことなのだろう。 今回は300回記念として 第1回目にやった「バスクリン」を再度取材し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/10 01:19
「デス・ウイッシュ」
「デス・ウイッシュ」 「デス・ウイッシュ」を観る。 ブルース・ウイリス久しぶりの見せ場たっぷりでうれしい。 近年いまいちパッとしなかったが、ここに来て「ダイハード」まではいかないけれど アクション復活と言える。 「デスウイッシュ」って”死を望む”ってことだが たしかに「死神」に自己陶酔していく男がいる。 74年のブロンソン「狼よさらば」のリメイクと知って、なるほど。 あの作品も、妻と娘を殺された男の復讐劇だった。 B級映画ではさんざん使われたものだから、安っぽい俳優がやれば、こける。 だからここ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/11/09 12:49
「バグダッド・スキャンダル」
「バグダッド・スキャンダル」 「バグダッド・スキャンダル」シネマカリテで観る。 平日なのに満席だった。 そんなに注目の作品だったのか。 確かに、こういったポリティカル映画はおもしろい。 それも9・11以降のあたりだというのが生々しい。 そしてこれは史実に基づくものであるというのも現代の戦争らしい。 戦争の悲惨さや無慈悲な戦いは多く描かれたが 国連の活動と利権という視点はユニーク。 たしかに国連は正義の機関というイメージはあるが 何やら怪しい感じもしないでもない。 だいたい、どういう権力があるかもよく分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/08 12:07
地球照の季節
地球照の季節 このところ夜中は快晴が続く。 月もだんだん細くなり、地球照の季節を迎えた。 まだ明縁が明るいかな。 1時頃月齢24・5のオレンジの月が昇ってきた。 しばらくすると暗い空に溶け込むように白く変わっていく。 いまちょうど しし座に入っており、まさに獅子身中の虫 ならぬ獅子身中の月。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/03 11:21
「テルマ」
「テルマ」 「テルマ」を恵比寿ガーデンで観る。 これは面白い。 最初なんだかよくわからないが、なるほどこうくるかーと驚き。 全く説明のないまま物語が進み、主人公のテルマの覚醒が描かれる。 覚醒といえば「SW」新シリーズのレンを思い起こすし、 「Xメン」「や「アベンジャーズ」などハリウッドの超能力は単純でわかりやすい。 そもそも超能力に目覚める時は、何かと面食らうもの。 そういうところはどれもお気楽に描かれるのが常。 それよりも、にた能力を持つ敵が待ってくれない。 そうしたテーマを、北欧... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/02 11:14
プレセペ
プレセペ なんだか少し寒くなってきた。 やっぱり11月なのでそろそろ衣替えかな。 月は下弦になって月齢も22・5。 特にどうってことない夜中だが よく見ると月の南北に星がある。 いま、かに座にいるから、明るいのはδの3・9等星、 アセルスアウストラリスという、舌を二回噛みそうな名前もある。 もうひとつは6・7等星。これは暗い。 でも双方、にっこりした月のエクボみたい。 かに座にあるということは、そばにM44プレセペ星団もある。 ワンショットでは難しいので流してみる。 おお、本当そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/01 11:52
ムンク展
ムンク展 ムンク展に行く。 ムなんとかクだ。 有名な「叫び」は誰でも知っている。 その作品のほか100点あまりが並ぶ。 初期の頃から晩年まであった。 ほとんどがオスロの美術館から来たものらしいが、多くは見たことがないもの。 あの目のない不安な顔は、結構若い頃から始まっていた。 彼は肉親の死もあって、本人も精神的に病んでいた。 初期はまともな作品だが、徐々になにか歪んでくる。 目も無くなっていく。 本人は見たものを描くということだが 人の目はなぜかぼやけていく。 「叫び」だけ、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/01 00:36
「チュ−リップ・フィーバー」
「チュ−リップ・フィーバー」 「チュ−リップ・フィーバー」を恵比寿ガーデンで観る。 17世紀にオランダで実際にあった投機熱。 なぜかチューリップの球根に人々は金をつぎ込んでバブル景気に沸いた。 それが一気にしぼむのはいつの時代でも同じ。 その熱に浮かれたさまを、恋愛にも似て描く。 これはシリアスなんだが、見ている方には滑稽で喜劇に映る。 恋愛も投機も同じ。 なにか吉本新喜劇を観てるような展開。 ウディ・アレンが描いたらどうなっていたかななんて思ってしまった。 この小説はデボラ・モガーの世界的ベストセラー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 00:11
「手塚治虫生誕90周年」「国際漫画フェフ」
「手塚治虫生誕90周年」「国際漫画フェフ」 11月1日〜11日まで 「手塚治虫先生 生誕90周年」という催しがある。 ここでは手塚治虫キャラを90人の漫画家が 色紙に描くという展示会がある。 恐れ多くも、その一人として参加した。 アトム描くとき緊張してしまったぁー。 3日と4日は声優陣による朗読イベントもあるとか。 場所:ギャラリーやしの木Waipama 住所:杉並区久我山5−21−6(井の頭線・富士見ヶ丘駅) 主催:ウオーターオリオン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/30 18:07
アルヘナ
アルヘナ いい天気が続いて天文日和。 東の空から月が昇ってきた。 月齢は20となってやや欠けてきたけど まだまだ明るい。 いま月はふたご座にいるようで 近くにγ星アルヘナが見える。 ふたご座のポルックスの足元にある1・9等星、 だからモニター越しでもキラキラしてるし 薄雲にもめげない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/29 23:20
国立天文台三鷹の日
国立天文台三鷹の日 国立天文台に行く。 本日は「三鷹・星と宇宙の日」ということで 天文台解放デー・・・でいいのかな。 毎回天気はイマイチなのに 今年は朝の雨がウソのように快晴になった。 開館を少し遅らせたらしいが、大勢の人で賑わっていた。 本当は天文講座を聴くつもりだったが 天気がいいので徘徊日和。 久しぶりで園内を散策。 特に今年は先日、鹿児島から天文台に戻ってきた 6mのミリ波電波望遠鏡が展示されている。 今回のお目当はこれ。 この電波望遠鏡は70年にここに設置されてたが 日本各地... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/28 23:31
「アンダー・ザ・シルバーレイク」
「アンダー・ザ・シルバーレイク」 「アンダー・ザ・シルバーレイク」を観る。 なんとも不思議な作品。 どこまでが現実でどこから白昼夢なのかわからなくなる。 でも舞台がハリウッドのそばのシルバーレイクという点は興味があった。 むかし、ハリウッドに行った事があり、映画の中でも出てきたグリフィス天文台にも行った。 ここが出てきたのは「ラ・ラ・ランド」以来かな。 この映画は「ラ・ラ・ランド」のマイなーバージョンとも言える。 ともに、スターを夢見る若者が主人公。 天文台は「マルホランドラン」でも出てきたような気がする。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/26 14:22
満月天王星
満月天王星 今夜もいい天気。 そして満月。 これはめでたい。 ちょうど1時45分頃がそのとき、月齢15・5。 だが、雲が湧いてきたので30分ほど前に撮る。 雲亜が迫る中、けっこうスリリングなひと時。 けっこう大きい満月と思ったが、 38万キロなので平均の大きさになる。 じつは満月の近くに天王星もいる。 これは気がつかないが、ちょうどいま衝を迎えている。 衝というのは太陽と地球とその惑星が一直線になってること。 もっとも太陽光を受けている。 まあ天王星の明るさの変化はほとんどないのだが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/25 02:32
荏柄天神絵筆塚祭
荏柄天神絵筆塚祭 14日に鎌倉の荏柄天神で恒例の絵筆塚祭が行われた。 今回、他の用事があって行けなかったが絵灯篭には参加した。 これは荏柄天神の参道に、多くの 漫画家が描いたイラストを 灯篭にしてずらりと並べるもの。 夜には明かりが灯される。 今年のテーマは”合格、IT、河童”だったかな。 そして本日、お礼の手紙とともに扇子が送られてきた。 昨年はなぜか送られてこなかったな・・・ 来年はまたで出かけてみたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/23 00:47
十三夜と海王星
十三夜と海王星 今夜の月は十三夜。 久しぶりにいい天気になった。 夕方には美しい月齢12の月が東に輝きだした。 十三夜は十五夜の一ヶ月後の名月で後の月ともいう。 旧暦で9月13日の月を指す。 十五夜は8月15日。 でも旧暦なので、今年の十五夜は9月25日。 中秋の名月なのだが、今年は満月ではなかった。 そして十三夜は10月21日。 なんでも十五夜を愛でたら、 十三夜も愛でないと片見月とかいうらしい。 十五夜は団子や芋名月に対し、 十三夜は栗名月とか豆名月というらしい。 今宵の十三夜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/22 00:22
「イコライザー2」
「イコライザー2」   「イコライザー2」を観る。 本当は試写会があったのだが、その日は打ち合わせが延びたため行けなかった。 さらに、なかなか行けずに2週も遅れてしまった。 やっぱりいいね。 デンゼルワシントンが相変わらずかっこいい。 この人とっくに還暦過ぎてるが、貫禄と知性があって、安心して観ていられる。 まさかのデンゼルがシリーズ物に出るとは驚き。 監督がアントワーン・フ−クアということもあり、何度もコンビを組んでるからだろう。 前回で強烈な印象を残したイコライザーことロバート・マッコール。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 00:51
「漫画誕生」試写
「漫画誕生」試写 「漫画誕生」の試写会に行く。 この作品は現代漫画家の祖である北沢楽天のことえを描く日本初の映画。 これを語らずして、今の漫画を語ることなかれ。 この作品は、10月の日本国際映画祭の スプタッシュ部門でノミネートされたもの。 それをいち早く、観ることができた。 場所はなんと東映撮影所。 いい環境の映画館でじっくり鑑賞。 映画好きにはたまらない環境。 じつは昨年末に、ラッシュでこの作品を観てるので、 二回目の鑑賞となる。 だから、新鮮さはないが内容の良さはいうことない。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/20 14:03

続きを見る

トップへ

月別リンク

藤井龍二の馬耳映風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる