月齢16・5

今夜も晴れ。 幾分か涼しく感じられるのは やはりG1の夏が終わったからだろう。 そんな空に昨夜から一つ細まった月齢16・5が輝く。 ちょうどいまみずがめ座にいる。 水瓶から流れる酒の真ん中あたり。 じつはこのすぐ近くには、 一昨年話題になったトラピスト1という惑星系がある。 少なくとも生命がいそうな 3つの地球型惑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十六夜

台風一過で快晴の夜。 昨夜の満月から丸1日経った 月齢15・5が輝く。 いわゆる十六夜になるがそれは来月十五夜の後のこと。 じつは来月の満月は一番小さい。 一般的にミニマムムーンというが我々はコンビニムーンと呼ぶ。 スーパームーンが一番でかいので小さいスーパーだからコンビニ。 なんとか定着させたい。 今夜も意外に小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯伏幸太G1優勝

G1が終わった。 夏が終わった。 優勝は激闘の末、飯伏幸太が初戴冠。 今年の大会は全く予想つかなかった。 総勢20人という強者がシングル対戦。 特にKENTAやモクスリー、鷹木の初参戦もあり 毎回楽しみな戦いになった。 最初はKENTAとモクスリーの勢いがすごかったが 結果的に大したことはなかった。 KENTAは今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月土星

蒸し暑い夜。 そんな今宵、月と土星の大接近が見られた。 てっきり曇りを予想していたが、外れた。 この日、オーストラリアでは 土星が月に隠れる土星食が見られる。 これは見ものだろう。 残念ながら日本では接近に終わる。 月の出が最も接してるが、 まだ明るくて土星は見えない。 暗くなってからなので20時近く でない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

搬出

土曜、「日本漫画2019展」が終わった。 暑い中ご高覧いただいた皆様、ありがとうございました。 今回は仕事のついでに寄った程度で、当番もできなかった。 暑いけれど多くの人は訪れたようで、 アンケート箱もいっぱいになっていた。 搬出はあっという間に終わって、搬入の時の大変さが嘘のよう。 その後、ご苦労さん会をやって、今年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土星月木星

台風が接近しているせいか、晴れても雲が多い。 それに思ったよりも涼しくて、やはり夏も終わりに感じる。 なにせ明日で G1が終わるから、当然か。 昨日はきれいな月だったのに今夜は薄雲の中にある。 ちょうど木星と土星を両手に従えて月齢10の賑やかな空。 木星の下にはアンタレスも見える。 明日は土星と月が大接近をする。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「風をつかまえた少年」

「風をつかまえた少年」 武蔵野館で観る。 これは王道的感動作品。 まさに教育の重要性をしっかり伝えてくれる。 監督がキウェテル・イジョフォーというのが驚き。 それも初監督で、こんな素晴らしい作品を手がけるとはすごい。 イジョフォーは「それでも夜は明ける」や「シークレットアイズ」 「死の谷間」などハリウッドを代表する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド試写

久しくなかった、SONYからのマスコミ完成披露試写案内が来た。 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 これは観たい作品。 今までなかったのが不思議なくらいのブラピとディカプリオの初共演。 さらにはマーゴット・ロビーがシャロン・テートになってる。 予告編ではブルースリーも出てくる。 これはぜったい観なくてはいけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴールデンリバー」

「ゴールデンリバー」 シャンテで観る。 すでに終わっていたかと思っていたが、まだ続投してる。 なかなかユニークな西部劇。 観たかったのはこういう小作品ながら豪華俳優共演というのに惹かれる。 ジョン・C・ライリーにホアキン・フェニックス、 さらにはジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッドと主役クラスが勢ぞろい、 特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Girl/ガール」

「Girl/ガール」 有楽町ヒューマンで観る。 ちょうど日本漫画の会の初日で、搬入が終わって昼飯になった。 そのあと画廊で初日の受け入れ態勢やOPパーテイになるのだが 2時間余りの空きになる。 それはもったいない。 ということで、ヒューマンでやっている「ガール」に行く。 こういうときでしか観る機会のない作品。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッピング山手線

山手線の新日G1ラッピング電車に乗る。 これに乗れたのはラッキー。 ちょうど取材日だったから縁起がいい。 真夏の祭典G1クライマックスの告知かと思ったが なんと、新年1・4と1・5の告知だった。 もう来年の東京ドーム試合が話題になってる。 新日が力入れてるのがわかる。 こちらもすでに前売り買っている。 そしてG1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月齢3・3

今夜もよく晴れている。 月齢3・3の月が輝く。 久しぶりに月を愛でるから楽しい。 今夜は昨夕よりも湿度がない分爽やか。 そのため地球照もよくわかる。 よく見るとおとめ座の8等星の星が月に隠れるところだった。 こんなに明るいのによく写るものだ。 それでも空はもやっており星々は鈍い。 いま月はおとめ座にあるから おとめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三日月とISS

蒸し暑くよどんだ夕方、 西に細い三日月が輝いている。 チリ日食から1ヶ月経ってしまった。 濁ったような空では月齢2・3の月は黄色い。 下には暑い雲が待ち構えているので まだ青さの残る空でないと見えない。 明るいために地球照はかすかしかわからない。 それでも久しぶりに月を愛でる。 冬の三日月は凛としてるが、夏の三日月は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G1

夏といえばG1クライマックス。 真夏の風物詩でもある。 そのG1は折り返しを過ぎ残り3試合。 今年は20人が参加し 各地で壮絶な試合を繰り広げている。 Aブロックではやはりオカダが無敗。 Bブロックではモクスリーが一歩リード。 無敗で来たモクスリー、 さすがWWE王者だけある、 しかし、この快進撃を止めるのは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほドリ

毎日新聞朝刊、月刊「なるほドリ」 今月は池上彰さんがお休みなので 元編集長が執筆。 絵は夏らしいバージョンで仕上げた。 しっかりペルセ群のことも記してある。 でも今年は月が明るくて条件は良くない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本漫画2019展

8月5日から 恒例の「日本漫画2019展」が始まる。 今年はなんと50回とか。 私は数年前から参加してるので そんなに歴史あるとは知らない。 このグループ展は毎回旬なテーマがある。 今年のお題は「AI:人工知能」 平成がITの時代なら令和はAIの時代になりそう。 ということで44人の漫画家が 楽しい88の作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北沢楽天

7月13日(土)から9月1日(日)まで 埼玉県立歴史と民俗の博物館で 「北沢楽天と時事漫画展」が開催されている。 10月30日映画「漫画誕生」の公開も決まった北沢楽天 何かと話題になってる埼玉が熱い? この企画展の中では 8月24日(土)には私が担当する 漫画家による似顔絵実演もある。 13:30〜16:30 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松方コレクション展

西洋美術館で開催されている 「松方コレクション展」に行ってきた。 チケット売り場には列ができていたが、思ったよりは少ない。 中もそれほど混んでいなくてゆっくり見られる。 まあ、これから夏休み本番になると混むのかな。 松方幸次郎が集めたコレクションの中の150点あまりが展示してある。 大きなモネの睡蓮が出迎えてくれるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「さらば愛しきアウトロー」

「さらば愛しきアウトロー」 ロバートレッドフォードの最後の作品というから観なくては。 意外に小粒で心温まる作品。 でも銀行強盗だ。 途中、馬に乗ってるところは「明日に向かって撃て」の サンダンス・キッドの老年時代と思うシーンもある。 あの映画も銀行強盗で追い詰められるもの。 この作品も同じだ。 ただ、主人公の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの月

蒸し暑い夜中、赤い月が昇ってきた。 晴れてる。 何日ぶりだろう、月を見たのは。 6月半ば以来のような気がするから 1ヶ月は見ていなかった。 月齢22・8の赤い月。 でも空に浮かぶと結構きれいに見える。 高度が上がり月齢22・9になると 徐々に色が薄くなってく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more