ハイサワー

画像

ハイサワーの取材で「博水社」へ行ってきた。
目黒線の武蔵小山にあり、ほんとに住宅の中にあった。
有名なのに小さな会社だったが、これは製造を委託してるから。
そのために本社は従業員も少なくてすむそうだ。
三代目社長の田中秀子さんに直接対応していただいた。
とにかく商品を愛してるのがよくわかる。
それにとても楽しい方で、ついつい取材も長引いてしまった。
最後はハイサワーだけでなく、「焼酎で割ってみましょう」ということになり
八丈島の有名な焼酎をハイサワーで。
これがうまい。
ホッピーで割ったのは飲んだことは多々あるけど、
ハイサワーはあまりない。
しかし、ぜんぜんおいしい。
レモンの味と焼酎の味がバランスよくマッチして、
お互いを引き立たせてる。
焼酎が垢抜ける感じだ。ワンランク上がる。
これなら少しまずいものでも上等な焼酎割りになる。
ついでに「赤ワインも割ってみましょうか」といって一杯。
これがまた、カシスソーダのような味になって、おしゃれなカクテルに変身。
これもおいしい。
しだいに机の上は居酒屋状態になった。
後で入った人には酒盛りに見えるな。
なんだかハイサワーってロゴからして場末の居酒屋の雰囲気だが、
味的にはおしゃれで、お昼からいけるお酒という感じになる。
ここはロゴも一新して、ホッピーとは違う立ち位置になっても良さそうだ。
そのホッピーは夜のイメージかな。
ホッピーの社長も女性社長で石渡ミナさんという。
少し前に取材させてもらい、こちらも社長直々にインタビューできた。
お二人共雰囲気は似ていて、お歳も同じくらいだから、
色々な面で比較されるらしい。
でも、お二人共楽しくて、ほんと一緒に飲みたい雰囲気になる。
特に秀子社長は可愛くて、フアンになった。
昔はジャズボーカリストだったというから、フアンも多かったんじゃないかな。
お土産でハイサワー各種を頂いたが、うれしいけど重い・・・
おかげで資料を忘れてしまったぜい。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック