アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
藤井龍二の馬耳映風
ブログ紹介
月刊星ナビ「やみくも天文同好会」の藤井です。
天文、ロードショー、プロレスフアン、乗馬、ジム通いなどなど。
んなこと書きなぐっています。
ホームページもリニューアル!
dragon2@mqb.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yamikumo/

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ESTA申請
ESTA申請 やっとアメリカESTA申請が承認された、これで一安心。 ESTA は電子渡航認証システム。 これがないとアメリカに入国できないからやむを得ない。 前回アメリカ経由で行く際も申請したような気がする。 その時は軽くできたのだが、アメリカ滞在になるからいろいろ項目が増えたのかな。 トランプ政権になったせいか、個人のことをやたら各項目が増えたようにも感じる。 とにかくうるさいほどいろいろ項目が並んでる。 なんだかんだで6pある。 一度は現地での連絡先などの項目で断念した。 でも、よ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/27 01:09
月齢27・7とISS
月齢27・7とISS 夜半晴れている。 今夜は細い月が見られ、その近くをISSが通過していく。 月齢は27・7と、かなり細い。 昇ってくるのが3時半頃だから、もう夜明けが迫る。 東の方は晴れているようだが、低空に雲もある。 果たして細い月は見えるのか? ISSは3時40分頃北から東に飛ぶ。 そのころ月も昇り、高度は3−4度。 モヤっとした都会の空で果たして見えるのだろうか。 遠くの鉄塔の明かりだと思ったのが月だった。 真っ赤なツノのようで不気味。 こんなに低空でもけっこうくっきり見えるではな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/23 10:57
金星月ヒアデス
金星月ヒアデス 一昨夜は雲が多くて ヒアデスと月の共演は見られなかった。 でも昨夜はなんとか晴れが持って細くなった月に金星が寄り添い アルデバランが美しく輝いていた。 これは美しい。 三者をうまく画角に入れ、固定で連続撮影。 だがマンションの踊り場越しなので、冷房や諸々の建物の振動でかすかに揺れる。 これは連続撮影して気づいたことだが、建物はそれぞれ固有の振動をもっている。 いくら静かな夜中といえど、冷房機器や電気機器の動き、はたまた道路の振動など 様々な揺れがこういうのに現れる。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/22 13:30
ボストン美術館の至宝展
ボストン美術館の至宝展 上野の都立美術館で開催している 「ボストン美術館の至宝展」に行ってきた。 混んでるのかなと思ったが、まったく人がいない。 入場券口も誰もいないし、会場もまばら。 そのうちに人は多くなったが全然余裕の鑑賞状況。 おかげでゆっくり観ることができた。 ボストン美術館保存の作品はよくお目にかかるのだが 今回は日本で初上陸の作品群も多い。 数は多くないが、うまく構成してあり、気持ちよく鑑賞できる。 目玉は、ゴッホの「ルーラン夫妻」と英一蝶の涅槃図らしい。  ボストン美術館は市民やコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/21 02:48
「ヒトラーへの285枚の葉書」
「ヒトラーへの285枚の葉書」 「ヒトラーへの285枚の葉書」をヒューマン有楽町で観る。 なかなか重厚。 見ごたえある。 ただせっかくのドイツの作品なのに英語というのは違和感あり。 ここは是非ドイツ語でやってほしかった。 まあブレンダン・グリーソンやエマ・ストーン、ダニエル・ブリュールという アイルランド・イギリス・スペインの俳優が出るからしょうがない? でもこんなリアルな映画はもっとドイツ人を起用してほしかったな。 ヒトラーを題材にした映画は星の数ほどあるが ここにまた視点を変えた反戦映画が誕生した。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/07/20 01:47
「ジョン・ウイック: チャプター2」
「ジョン・ウイック: チャプター2」 「ジョン・ウイック :チャプター2」を観る。 これはすごい。 前作を超える盛り上がり、激闘。 キアヌ・リーブスの新しい魅力がさらに増している。 優しい男も似合うが、こういう強烈な破壊者は意外性もあって似合う。 黒のスーツのこういう姿は「トランスポーター」のジェイソン・ステイサムのよう。 彼でもこの役は似合うのだが、あまりにマッチョで「メカニック」すぎる。 キアヌならか弱いようなところもあるから、この体で大丈夫かな?とも思わせるところがミソ。 しかし格闘センスはややキレがないの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/07/16 13:19
金星すばる
金星すばる 夜半、またまたいい天気。 東の空には金星が早くも昇っている。 先日よりもクリアな空らしく、すばるもくっきり。 連続して撮れば、おうし座の暗い星々も浮かんでくる。 あと数日でここに細い月が絡んできて 素晴らしい景色になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/15 15:11
アルマーの冒険7
アルマーの冒険7 国立天文台ニュースが出来上がった。 今回は特別付録として 「アルマーの冒険7」が入ってる。 このシリーズは電波望遠鏡のことを わかりやすくマンガも交えて解説するものだが、 番外編が多くてなかなか本編が進まない。 いつ終わるかは編集の方でもわからない。 今回は番外編の外伝というまたまた寄り道編集。 映画でいうスピンオフ? でも内容はしっかりした取材をもとに 日本のパラボラアンテナのルーツを探る旅。 思えば昨年11月に焼津に取材に行ったから、もう随分日が経ってる。 それだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/13 15:09
「LIFE/ライフ」
「LIFE/ライフ」 「LIFE/ライフ」観ました。 おもしろい。 もっとサスペンス物かと思ったけど、意外に楽しい。 こういう結末は驚き。 やっぱりSFはいいなあ。 それもISSで火星生命とくればわくわくする。 なんだか「ラストデイズ・オン・マーズ」「エイリアン」「ゼロ・グラビティ」を合わせたような展開。 ISSの内部がいろいろ見られるのは興味深い。 そしてなんといっても ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、 ライアン・レイノルズ、真田広之の豪華共演という贅沢さもうれしい。 監督... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/12 13:45
満月
満月 満月はお昼頃だったが 夜になっても快晴の空に 月齢15・4の月が輝く。 昨夜の満月と今夜の満月の 間がちょうど満月時。 道路にひまわりが咲いていたのでツーショット。 暑いのかひまわりもぐったりだ。 満月は9日の13時頃だったから、14・5の月と15・4の月を合成すれば なんとか15・1の月になるのではと思う。 ところが微妙な差があるようでぴったりと重ならない。 それでもほぼ合ってる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 00:13
金星満月ISS
金星満月ISS もう梅雨も終わりなのか晴れた夜が続く。 そんな夜半は満月。 正式な満月は9日のお昼頃なので、 その半日前の月を見る。 月齢は14・5で文句はないが、 あと0・6足りないらしい。 そして2時頃にはISSが現れる。 乳白色の空で見えるのかと思ったが 2時10分時刻通りに東の空に現れた。 真夜中なのか輝きは弱い。 まっすぐ北東に向かいペルセウス座をかすめ消えた。 消えたというより白い空に溶けたかのよう。 そして3時過ぎ、金星が東に輝く。 いま、おうし座にいるようで、 明... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 23:26
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ 最後の海賊」
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ 最後の海賊」 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」観る。 おもしろい。 ちょっとマンネリ気味のある「パイレーツ・・」だが、ついつい観てしまう。 今回も海の魔術みたいなくくりで、都合のいい展開になっている。 それでもなんだか第1作目の雰囲気にも似てるところがいい。 というのも、最初にウイル・ターナー(オーランド・ブルーム)が出てくるし エンデイングにエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)も出てくる。 これにいつものジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と バルボッサ(ジェフリー・ラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 00:40
七夕
七夕 本日は七夕。 梅雨中なのに珍しくいい天気になった。 お天気お姉さんは「今夜天の川が見えます」なんて にっこり言ってたが満月前の空だ。 おまけに月はいて座近くにあるから 今夜は銀河の一番明るい部分で輝いている。 これではいくら暗い地域でも天の川は見えにくい。 だいたい今日は七夕じゃない。 正式な七夕は、今年は8月28日。 なぜかといえば旧暦だから。 新月が22日なので7日後の28日がその日になる。 22日の新月はアメリカで皆既日食の起こる日。 8月のこの時期なら天気もい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/08 00:05
「世界にひとつの金メダル」
「世界にひとつの金メダル」 「世界にひとつの金メダル」を恵比寿ガーデンで観る。 ここに入ったのは久しぶり。 11年まで映画館だったが、韓流劇場になってしまったので行くことはなくなった。 ところがそのブームもなくなり契約が終わったことで、 15年再び映画館としてリニューアルオープンした。 でも、なかなか行く機会がなかったし、他でもやってるような作品を上映してたので ついつい行きそびれていた。 ところがこの映画は、ここと新宿シネマートでしかやっていない。 それも新宿はそろそろ終わり。 残るはここだ。 だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/07 00:26
鑑真東渡オペラ
鑑真東渡オペラ 渋谷でオペラ鑑賞。 中国の江蘇省園芸集団のオペラ「鑑真東渡」の 招待券をもらったので行ってみた。 オーチャードホールは始めて入ったぞ。 招待券なので3F席だから、まさに見落とす感じ。 東京ドーム1・4なら絶好のポジションだが ここではやや上すぎる。 でもよく舞台の奥まで見渡せる。 この席でも8000円もするからオペラって高いね。 これなら1・4のほうがいい。 3F席は手すりが低いので高所恐怖症の人は足がすくむかも。 そういえば近くのおばさんグループのひとりは 帰る時、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/06 13:04
「ハクソー・リッジ」
「ハクソー・リッジ」 「ハクソーリッジ」をようやく観た。 シネコンではなぜか小さなスクリーンでの上映になっていたから スカラ座に行った時でもと思っていた。 すると最近になり最終回は一番大きなスクリーンになっていた。 それなら観てやってもいい。 すごい。 思った以上のど迫力でリアル。 戦争の凄さも「プライベートライアン」に匹敵するが、テーマがいい。 そしたこれが実際にあったものというだけに驚く。 これはアカデミー賞でも文句はない。 実際に受賞したのは音響と編集だったかな。 もったいない。 監... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/07/01 16:46
そうだ奈良に行こう
そうだ奈良に行こう PHPの取材で京都に。 お昼京都集合で取材先に行く。 取材後、京都本社に寄って、久しぶりに知り合いと談笑。 天気は雨模様だったし、とんぼ返りはもったいないので 久しぶり一泊。 シーズンオフなのかホテルは結構空いている。 今回取ったホテルは聞いたことがないところだが 烏丸近くにある意外に大きな8階建てホテル。 でも特別価格で4900円。 楽天ポイント使って4700円だった。 これ朝食もついての値段。 チエックイン・アウトは自分で行うのも新しいホテルという感じ。 部屋は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 00:51
「キング・アーサー」
「キング・アーサー」  「キング・アーサー」を観る。 これはすごい。 今まで幾度か映画化されているアーサー王伝説。 12−3年前にもクライヴ・オーウエンとキーラ・ナイトレイ主演の「キングアーサー」があった。 監督はアントワーン・フークアで重厚な映像が印象的。 これはローマ帝国の終焉の頃、遠く離れたイングランドでの戦いだった。 すでにアーサー王は成熟し円卓の騎士も揃ってる。 「エクスカリバー」という映画もあったし「円卓の騎士」テーマも何度か映画で見ている。 だが、どうしてもイングランドの地味な伝説なので... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/06/25 19:07
「スパイダーマン:ホームカミング」試写
「スパイダーマン:ホームカミング」試写 「スパーダーマン:ホームカミング」の 試写案内が来た。 新シリーズ始動とかいうけど 「スパイダーマン」はすでに3度目のお色直しになる。 今までのが2作目で失速気味だったので 今度は3度目の正直ということで期待。 「シビル・ウオー」ではすでにトム・ホランドで 出演してるし、色っぽい叔母さんの マリサ・トメイもしっかり出てた。 だから初お披露目ではない。 今回も「アベンジャーズ」とリンクしてるらしいから 新しい展開として面白そうだ。 すでに予告編では「アイアンマン」の ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 01:17
「レイルロード・タイガー」
「レイルロード・タイガー」 「レイルロード・タイガー」をシネマロサで観る。 ここに入るのは久しぶりだ。 本当なら新宿TOHOに行く予定だったが調べると小さいスクリーン。 せっかくのジャッキー・チェンの作品なら大きな画面で観たいもの。 最終回は2人しかいなかった。 これは気持ちのいい環境だ。 おもしろい。 やっぱり歳は食ってもJチェンの作品は面白い。 J・チェンにしては珍しい日中戦争物。 日本びいきのJチェンがこういうのを作るのは驚きだが うまくコメディに仕立てて後味をよくしているのは大人だね。 で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/06/22 00:39

続きを見る

トップへ

月別リンク

藤井龍二の馬耳映風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる