アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
藤井龍二の馬耳映風
ブログ紹介
月刊星ナビ「やみくも天文同好会」の藤井です。
天文、ロードショー、プロレスフアン、乗馬、ジム通いなどなど。
んなこと書きなぐっています。
ホームページもリニューアル!
dragon2@mqb.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yamikumo/

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「5パーセントの奇跡」
「5パーセントの奇跡」 「5パーセントの奇跡」観た。 これはぐっとくる。 あまりに出来過ぎで創作かと思ったが、実際の話だった。 これも驚き。 目が悪いのは本当にハンデだ。 通常のあたりまえの行動さえできなくなる。 仕事柄目を酷使しているし、けっしていい状況ではない。 画面がぼやけてるシーンはどんな恐怖映画よりも恐ろしい。 そんな主人公は障害者になる。 しかしそれを隠して、普通の生活をし続ける。 これが本当にあったお話というから驚く。 原題は「MEIN BLIND DATE MIT DEM LE... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 00:15
新年会
新年会 1月11日に行われた 「第52回テレ朝ビッグスポーツ大賞」で 一番目立ってたのはやっぱり内藤哲也だった。 多くのアスリートが黒のスーツだったのに 内藤だけリングコスチュームと同じ白いスーツ。 端っこにいても目立つ目立つ。   先日の似顔絵集団新年会では戌年の有名人という お題だったので、ここは内藤哲也を描くしかない。 って内藤は戌年なのか? 新年会はいつもの会場でメンバー20数人集まって開かれた。 いつもは出席しない人も1年初めなので顔を出すようだ。 おかげで知らない人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 01:31
「否定と肯定」
「否定と肯定」   「否定と肯定」をシネマロサで観る。 本当はシャンテで観るつもりだったがうまく時間が合わず、最終週になってしまった。 ところがロサでいい時間に上映してた。 こうなれば観逃すのは惜しい。 まさに法廷モノ。 しかし、これは実際あった裁判の話だ。 まったく動きがないので飽きてしまうが、そこは俳優陣が優れているから飽きない。 これは実際にあった裁判で、思えばあまりに不条理な事例だが こういうことが白日のもとにさらされるのはいいことだ。 どこの国でもこういうことは抱えている。 この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 12:07
「ネイビー・シールズ:ナチスの金塊」
「ネイビー・シールズ:ナチスの金塊」 「ネイビー・シールズ:ナチスの金塊」を観る。 ううむ。 まるで緊張感のない戦争ものだ。 「ネイビー・シールズ」というコピーに食指が動いたのだが べつにネイビーシールズでなくともよかった展開で アクションもおとなしいし全然盛り上がりに欠ける。 アイデアはいいものの、05年の「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」にも似た展開。 黄金をめぐる水中の争いなら06年「イントゥー・ザ・ブルー」にも似てる。 ただそちらの作品の方が冒険心があってよかったくらい。 それが民間からネイビーシールズ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 11:23
月火水木土
月火水木土 北国は大雪で大変だが、関東はからりと晴れてる。 そんな夜明けの空に月火水木土が並び賑やかになってる。 しかし寒い。 撮りたかったけれど寒いからセッティングだけして寝る。 すでに東の空には木星と火星が高く昇っている。 夜明けの頃土星と水星が昇るのだが、マンションが邪魔だ。 多分あのあたりから昇るはず。 明るさの中に埋もれるような気がしてたが 見てみると、かすかに2惑星が写っているではないか。 けなげだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 18:04
課外授業吉祥寺
課外授業吉祥寺 吉祥寺にある成蹊学園で講演やってきた。 ここの地学の課外授業の一環として 小・中学生相手に天文のお話を一席。 通常は天文の専門家がするらしいが今回はなぜか私がやることになった。 今月はスーパームーンや皆既月食と話題が多いので、その話と先のアメリカ皆既日食の報告。 そして冬の星座の話を絵を描きながらやる。 やっぱり目の前で描いてあげると反応はいい。 先月大人相手にギリシア神話やったのだが今回子供相手なので内容をセーブ。 打ち合わせなしでやったのだがうまく授業内容とリンクしたらし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 16:57
「キングスマン:ゴールデンサークル」
「キングスマン:ゴールデンサークル」 「キングスマン:ゴールデンサークル」を観る。 いいじゃないか。 前作で意外なスパイ組織をスタイリッシュかつコメディ的に描いた作品の続編。 でも、前作があまりにすっ飛んでたのですっかり忘れてる。 たしか、サミユエル・ジャクソンの変人が、世界の人口を減らすために 人々を凶悪にして殺しあう薬をバラまいたんだっけ? それを阻止するため「キングスマン」が対決。 ソフィア・ブテラの義足ブレードだけ印象的だった。 しかし、最後の最後、キングスマンのハリー(コリン・ファース)が頭を撃たれて死... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/12 01:01
てんびん座の火星木星
てんびん座の火星木星 木星と火星の接近が過ぎたら、 そこに月が入ってきて賑やかな風景になった。 晴れてるので昇ってきたばかりの火星と木星もくっきり。 そこに月齢23・5になった月が華やか。 静かな夜中にここだけ騒がしい。 これは三者の競合は絵になる。月は中途半端な大きさなのでどうでもいいから 火星と木星とのスリーショット。 いま二つはてんびん座にいる。 ワンショットではわからないが、流してみるとてんびん座の星々も浮き上がる。 こんなに明るい街中でも写るんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 13:28
冬の大三角
冬の大三角 お正月からいい天気、 南の空には冬の大三角形が美しい季節。 先日千葉でふたご群の際撮っておいた。 薄雲がかかってきたので、ちょうどいい構図はボツにした。 「どうもリーダーのシリウスです」 「おいおい、いつからそうなったんだ?」 「だって、プロキオンは子犬座で私は大犬座、   なんといっても今年の干支ですしね」 「そうか。じゃない、単に大きいだけじゃないか」 「シリウスは全天で一番明るいから当然でしょう」 「それって単に地球から8光年と近いからだけだろう」 「いやいや何と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 13:29
「バーフバリ:王の凱旋」
「バーフバリ:王の凱旋」 「バーフバリ:王の凱旋」丸の内TOEIで観る。 これは観たかった。 昨年5月に観てひっくり返ったインド映画の傑作。 昨年の中でもベスト10に入る感動作。 というかありえねーびっくらこんの怪作だった。 噂では続編もあるというし、インドでは夏に公開されるという。 はたして日本でいつになるかな?と危惧してたら、なんと年末に公開された。 これは絶対正月一回目の映画として観たかった。 観ました。 すごすぎる。 さすがに第1作の驚きには及ばないもののありえないシーンの連続で圧倒される... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 13:32
木星火星最接近
木星火星最接近 木星と火星が大接近した。 このところ両者が近づいていたが、7日の明け方に最接近。 寒いからどうしようかと思っていたが晴れている。 おまけに風もない穏やかな夜で、意外に寒くない。 早起きの人なら起きてるかもしれないが普通寝てる時間。 静かな東の空に木星が目立つ。 金星のように明るい。 明るさはマイナス1・8、よく見るとそばに火星が。 もっとくっついてるかと思ったが両者は離れているのがわかる。 火星もオレンジの光で存在感あり。 1・4の光度。 最初、カセグレン式の500mm... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 11:40
新日1・4東京ドーム
新日1・4東京ドーム 今年も1・4東京ドーム初詣。 昨年よりも観客は多い気がする。 35000人とある。 昨年よりも多いぞ。 席は2階の上の方だが全体が見渡せていいところ。 5時前に入ったら第0試合をやっていた。 おなじみになった時間差ランバージャックマッチ。 最後にUWFのテーマがかかって!?となる。 解説席の山崎が服を脱いだので!?となったが、 なんとそれより驚きの垣原登場。 痩せてしまったけどカッキーカーッター健在。  今日は全試合メインイベント。 後藤とみのるのNEVERは敗者髪... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 11:42
スーパーサン
スーパーサン お正月から空は忙しい。 昨夜はスーパームーンだったが太陽もスーパーサンがある。 まだ世間ではスーパーサンなんていってないか。 しかし本日は太陽が一番地球に近づく日だった。 太陽が近いのに真冬とはこれいかに?だが 太陽との距離は関係ない。地球の傾きだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 02:13
スーパームーン
スーパームーン スーパームーンが昇ってきた。 正月は早々にイベントがあり忙しい。 そういえば昨年もいろいろあった。 今日のスーパームーンは快晴の中見事な満月。 たしかにモニターからはみ出そうなくらい大きい。 これで7月のコンビニムーンとまた撮り比べれればおもしろい。 本日は地球中心から35万6500kmで 7月のは40万6200kmほどになる。 その差は5万km、地球4個分だからけっこうでかい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 01:26
ダイヤモンド満月
ダイヤモンド満月 元日の夕暮れに明るく大きな月が昇ってきた。 明日のスーパームーンを予兆させる満月直前のでかい月。 明日の月の出あたりが大きいのか、今日の月入りあたりが大きいのか微妙だが まあ、明日の方が見やすいかも。 その月が冬のダイヤモンドに入った。 「正月だ、めでたい」 「こうして七福神ならぬ7つの1等星が    一堂に会するのにお招きいただけるのは光栄」 「だれが呼んだの?お月さん」 「それよか、6つの星で冬のダイヤモンドじゃないの」 「わしを除け者にすることはないだろう」 「そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 01:28
ゆく月くる月
ゆく月くる月 恒例のゆく月くる月。 「どこかで除夜の鐘がなってる」 「年をまたいでの月見は格別だね」 「今年は太めの正月だ」 「2日はスーパームーン満月ですからね」 「アメリカなら正月スーパームーンだ」 「1月は31日も満月で皆既月食になる」 「おまけにブルームーンですよ」 「春から慌ただしいね」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 12:55
月とヒアデス
月とヒアデス 昼間は晴れていたのに曇ってきた。 明日は曇り予報なので今年最後の月見かな。 以外に雲が多いのにがっかり。 今夜はヒアデスと月の接近が見られるのに、これでは小さな星は見えない。 薄雲ならいいが、やや濃いめの雲になっている。 急いで100mmで合わせると、ちょうどいい具合に月とヒアデスが入る。 目標は当然アルデバラン。 ほんといい角度で収まるが、やはり月齢も12を越すと明るすぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/31 00:29
「ユダヤ人を救った動物園」
「ユダヤ人を救った動物園」   「ユダヤ人を救った動物園」を池袋HUMAXで観る。 ここに入るのは久しぶり。 スクリーンは地下二階にあった。 ここに行くのは初めてだ。意外にきれいな館内だった。 この作品は、何と言ってもジェシカ・チャスティンが主演なので観なくてはならない。 先の「女神の見えざる手」でも印象深かったが、女性の秘めたる強さを描かせたら この人以外に見当たらないという女優。 今回もいい。 戦時中のポーランドのワルシャワ。 もう戦争の真っ只中の街。 そこで市民の憩いの場所になっていたワルシャワ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/30 10:02
「漫画誕生」
「漫画誕生」 映画「漫画誕生」のラッシュ試写をTCC試写室で観た。 この試写室に入るのは初めて。 新橋のガード下にあり、さらに地下にある不思議な空間。 奥まった一室に、ひっっそりとある。 でも意外に広いスペースでロビーもあり、試写室は30人ほどのキャパがある。 14時から始まった。 大木萌監督のメジャー系初の作品になる。 みんな知り合いなのに、緊張している。 後で聞けば、こういうのは本当に緊張するのだという。 まさに自分の全てを見せる感じだという。 この映画はいろいろある。 我ら北沢... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 01:32
うお座の食
うお座の食 この年末は快晴の日々。 北国では大荒れだというのに。 おかげで毎日空を気にしなくていいくらいに安定してる。 この冬場に起こる天文現象はありがたい。 いい上弦の月が出てるから、何かないものかと思ったら、あった。 またしても星食が起こる。 といっても6等星なので年鑑にも載ってない。 本日の上弦時間は18時半ごろ。ちょうどいいぐあいの月。 月齢は8・1と文句なし。 普通に見たのではそばに星があるのはわからないが、 露出をかけていくとモニターにキラキラしたものが見える。 6等星... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 00:53

続きを見る

トップへ

月別リンク

藤井龍二の馬耳映風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる