アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
藤井龍二の馬耳映風
ブログ紹介
月刊星ナビ「やみくも天文同好会」の藤井です。
天文、ロードショー、プロレスフアン、乗馬、ジム通いなどなど。
んなこと書きなぐっています。
ホームページもリニューアル!
dragon2@mqb.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yamikumo/

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「新感染:ファイナルエクスプレス」
「新感染:ファイナルエクスプレス」 「新感染:ファイナルエクスプレス」観ました。 最初、邦画と思って観る気はなかったが、韓国映画だった。 だったら観てもいい。 面白い そして感動する。 こういう作品とは思わなかった。 ゾンビ映画で涙するなんて、すごい。 「バイオハザード」のような気配だが、こうした構成で感動作になるなんて 韓国映画の凄さを改めて感じさせる。 「ワールドウオーZ」にも似るが、全く違うアプローチが泣かせる。 ほんと韓国映画にハズレはない。  「新感染」とはうまく邦題をつけたものだ。 原題は「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 02:21
荏柄天神筆供養
荏柄天神筆供養 今年も荏柄天神のお祭りが近づいてきた。 10月8日13時から 鎌倉の荏柄天神社で 恒例の「絵筆塚祭」が行われる。 その場で描いた大色紙もお炊き上げ、 清水昆かっぱ塚前で「筆供養」も行われる。 参道では漫画家の先生方が書いた絵行灯も披露され 7日の夜には点燈もされるという。 その絵を描いたので郵送した。 今年は日食記念のかっぱ絵にした。 さて、毎年参加してるこの祭だが、今年は行けそうもないので お断りのハガキも出しておいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 01:59
グランドフィナーレ
グランドフィナーレ 9月15日星探査衛星「カッシーニ」が グランドフィナーレを迎えた。 日本時間で19時30分ごろ、 土星の大気圏に突入し燃え尽きてその役目を終えた。 20年前に地球を飛び立ったカッシーニくんは 2004年土星の軌道に到達、 新しい衛星を発見したりタイタンにメタンの 海や雨の存在と気象的な循環も発見。 そしてエンケラドスに間欠泉を見つけ、 そこに水素分子があることもわかった。 これによりエンケラドスの地底海に 生命の可能性も見えてきた。 本来ならエンケラドスやタイタンに ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 14:44
「ダンケルク」
「ダンケルク」 「ダンケルク」観た。 やっぱり噂通りすごい。 ただ物語としては何もないので、 今までのクリストファー・ノーラン作品としては物足りなさも感じる。 ただ、空、陸、海の時間差でシャッフルしてあるところは、ノーランらしい。 のっけから敗戦濃厚なシーン。 敵兵ドイツ軍から逃れる若き兵士たち。 そこにはドイツのチラシが舞っている。 「お前たちを包囲した」と。 トミー(フィオン・ホワイトヘッド)はダンケルクの砂浜にたどり着く。 そこには凄い人数の兵士がいた。 彼らは輸送船を待っているのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/09/15 15:47
アルデバラン
アルデバラン 雨が上がって月齢21・8が輝いている。 地平あたりに昇ってきたときは、月に思えなかった。 なにか明るい街灯かなとおもったほど。 そう、雲の間に見え隠れしていた。 その月の高度が上がるにつれ、下弦の様相がくっきり。 ちょっともやってはいるが、双眼鏡でもアルデバランはくっきり見える。 今夜は月がおうし座のプレセペの近くにあり賑やか。 月の高度が上がるにつれ、アルデバランとの距離は離れていく。 もっと暗ければプレセペのなかにある月が撮れたのに、 この街明かりでは白っぽくなってしま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/13 01:37
天王星
天王星 昨夜、 月のそばに天王星(5・7等)があったが忘れていた。 というか雲が多かった。 というか仕事していた忘れてた。 そこで本日、少し離れたが写るのではないかとカメラを向けた。 多分70mm以下でうまく収まるはずなので 撮ってみたら、ありました。 ちょっともやっとした空で、薄雲もあり、条件は良くない。 おまけに今夜は月齢19・8の月のそばに、くじら座の4等星もいる。 その接近には少し遅れてしまった。 その星は流して撮ったら月に消えてしまった。 意外に早く月から離れていくか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 23:46
「ボブという名の猫」
「ボブという名の猫」   「ボブという名の猫」観ました。 「幸せのハイタッチ」という副題がついてるが、気持ちわる〜。 やっぱり猫や犬が出る物語には魅せられる。 犬の名作は数あれど、猫では少ない。 昔「ハリーとトント」があったが、それくらいしか浮かばない。 「3匹荒野を行く」というのもあったが、こういうのは涙腺緩みっぱなし。 日本では残酷な「子猫物語」があったが、チャトラン何匹殺したんだっけ? だいたい猫は自由なので、人間になついてくれない。 だからこの映画のようになついてくれると、それは頬が緩みっぱ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 01:19
「スキップ・トレース」
「スキップ・トレース」 「スキップ・トレース」を観る。 やっぱりジャッキーの映画は面白い。 シリアス路線より、こういうドタバタがいいね。 今回はレニー・ハーリンが監督をしたというから見もの。 「ダイハード」や「クリフハンガー」など娯楽大作に徹する監督が 近年いい作品に恵まれなかったのは残念。 でもこの作品でうっぷんを晴らすようなスケール感のあるバディムービーに仕上げた。 ジャッキーの共演はジョニー・ノックスビルという聞き覚えのない俳優だから ちょっと躊躇はしていたが、なかなかいいじゃないか。 「ジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/08 00:08
久しぶり満月
久しぶり満月 満月の日。 でも雨が降ってそれは無理と思っていた。 ところが夜中に晴れ間が広がり、満月が浮かんでいる。 そうか、日食からすでに半月経ってしまったんだな。 本当の満月は夕方だったが、 その頃建物内だったので外はわからない。 てっきり本日は雨のち曇りと思っていた。 0時頃撮ったから月齢は15・9になっていた。 本来は15・5だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/07 13:46
「ザ・ウォール」
「ザ・ウォール」 「ザ・ウオール」をバルト9で観る。 おもしろい。 戦争映画をこうやって撮るのもありだな。 登場人物が2人で狙撃手に狙われるなんて 先の「ノーエスケイプ」みたいだし、戦場ものなら「リミット」という 究極の一人芝居もあった。 狙撃なら「アメリカンスナイパー」という傑作もある。 「ダンケルク」のような巨大な作品とは対照的な、孤独な戦争だ。 観るのはどうしようかなと思ったが、監督がダグ・リーマンとわかり、これは観るべしとなった。 あの「ボーン・アイデンテティ」のスピーデイなカットが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/05 13:33
「エル ELLE」
「エル ELLE」 「エル ELLE」をシャンテで観る。 取材が早めに終わってちょうどいい時間だったのでシャンテに。 ところが1の日だったから混んでいた。 この作品だからかな。 ちょっとエロいおフランス映画なので女性が多い。 みなさんお好きなのか。 こちらはほとんど内容は知らず、ただポール・バーホーベン久しぶりの監督作品 ということしか興味はなかった。 ポール・バーホーベンといえば「氷の微笑」で問題になったシーンを思い出す。 今回はその時の再現のような問題作。 てっきりアメリカ映画と思ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/02 01:55
「ワンダーウーマン」
「ワンダーウーマン」 「ワンダーウーマン」を観る。 なかなかいいじゃないか。 DCコミックの女性スーパーヒーローの生い立ちがわかるというのがいいね。 「バットマンvスーパーマン」で本格的に登場した「ワンダーウーマン」だが 彼女の単独作品としては初めてらしい。 噂には聞いていたが「ワンダーウーマン」とはどういう女性なのか気にはなっていた。 なんといってもバットマンとスーパーマンにも引けを取らないヒーローだ。 「バットマンvスーパーマン」でたしか彼女の古い写真をてにした バットマンことブルース・ウエイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/09/01 02:08
月面X 
月面X  あっという間に日食から1週間経ってしまった。 日本に戻ってからは相変わらずの曇天の日々で 蒸し暑さもあってすっきりしない毎日。 あのからりとした天気が懐かしい。 あの気候なら仕事もはかどるだろうね。 さて、上弦の月の夕方、月面Xが見られるというので空を見るが 先ほどまでの曇り空がなくなり淡い青空に変わっているではないか。 上弦の月も輝いている。 まさか晴れるとは思っていなかったから、あわてて望遠鏡をセット。 予想時刻は18時頃だが、まだ空が明るく、Xもなんだか”火”のような... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/30 01:04
ラフティング
ラフティング キャンプ地の近くにはスネークリバーという川が流れている。 所々激流になっているようだが緩やかな流れ。 ここでラフティングが体験出来る。 キャンプ地のビジターセンターで待ってると、スクールバスがやってきた。 これがラフティングの送迎バスだった。 ここではラフティングが無料で体験できる。 チップが5ドルかかり、ブーツを借りると4ドルかかるけれどね。 30分ほどで出発地に着く。 ここで各人を振り分ける。 我々は10人ほどで参加したが 4:6に別れた。 8人乗りゴムボートにパドル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 00:57
アメリカの空
アメリカの空 今回のアメリカ皆既日食ツアーの半分はキャンプ生活。 これは条件のいいホテルが満杯で仕方なくこうなった。 でもキャンプ条件はこちらが望んでいたもの。 いつものように街中のホテルでは明るくて せっかくの新月前後の星空が望めないからだ。 星空を見るから、夜お酒を飲む時間がないのもありがたい。 そういえば今回食事の時だけ少し飲んだが、あとはまったく飲まなかったな。 だいたい星見てると飲む時間もない。 そんな時間はもったいないほどの星空。 だが、キャンプ場は思っていたよりセコくて、 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/28 00:19
「ドリーム」
「ドリーム」 アメリカン航空での往復は行きはロスまで9時間余、帰りはダラスから12時間余。 双方昼間のフライトなので眠くはない。帰りは寝不足の毎日でさすがに眠いが、 機内では熟睡とはならない。 そんな機内でお楽しみは映画。 読書のつもりだったが手荷物に入れ忘れた。 新作や旧作が選べるのだが、ほとんど観てるものだった。 結局観たのは「ボーントゥチャイナ」「ワイルドスピード:アイスブレイク」「ジョンウイック2」 「ジーサンズ」「ボンジュール・アン」「HIDDEN FIGURES」「美女と野獣」 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/08/27 00:11
アメリカ皆既日食
アメリカ皆既日食 アメリカ皆既日食に行ってきた。 場所はワイオミング州のジャクソンホール郊外。 ロスからソルトレイクシティに入り、そこからキャンピングカーでジャクソンホールへ。 その郊外に、国立公園側が決めた観測地がある。 こちらは全然知らされてなかったが 国立公園内のためレンジャー側が決めたそうな。 あちこりで勝手に車を止められたら困るので、 日食中心帯に垂直になる道に全部の車を誘導。 他にも広大な土地があるのだが、そこへは行けないように封鎖したともいう。 その道は一方通行にし、片道を駐車... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/26 15:47
「スパイダーマン:ホームカミング」
「スパイダーマン:ホームカミング」 「スパイダーマン:ホームカミング」を観る。 試写会がなんどもあったがタイミングが合わず行けなかった。 ソニーの今年一番の作品かも。 おもしろい。 いままで2度「スパイダーマン」がシリーズ化されていたが なぜか2作目あたりで失速し、そのあとはなかった。 1作目はサム・ライミでトビー・マグワイヤをスターにした一作だが ピーター・パーカーの悩みが強すぎてテンションは下がり気味。 続いてマーク・ウエブでアンドリュー・ガーフィールドのピーターパーカーも 線が細くてナイーブすぎた感があ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 01:14
内藤哲也G1
内藤哲也G1 今年も夏が終わった。 新日G1が終わったから、夏もおしまい。 といっても今年は夏らしい夏じゃなかった。 太陽が顔を出さないじゃないか。 梅雨空のまま夏が去ったという感じだ。日照不足だ。 気象庁が今年の夏は暑い、と言ってたからそうではないと思ってた。 あたり。 さてそんなじめじめ鬱陶しい夏をワクワクさせてくれるのがG1クライマックス。 決勝は内藤とケニーになった。 内藤はAブロックで、進出するだろうなと思っていた。 棚橋も良かったが、腕の故障で厳しかった。 そして注目はB... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 02:03
「トランスフォーマー:最後の騎士王」
「トランスフォーマー:最後の騎士王」 「トランスフォーマー:最後の騎士王」観た。 凄い、凄すぎる。 まさに破壊王マイケル・ベイの面目躍如。 橋本真也どころじゃない。 もう映画何本分あるんだ、というムチャ濃い内容。 それがスピード感ありすぎて、どうなってるかわからないくらいすざましい。 もう観てる方を無視して強引に物語に引きずり込んでいく。 だから内容もよくわからぬまま、オーボットたちの戦いに引きずり込まれていく。 そういえばこのシリーズも5作目になる。 第1作で突如現れたオプティマスらオーボット。 そこにディ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 14:26

続きを見る

トップへ

月別リンク

藤井龍二の馬耳映風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる