テーマ:

ベテルギウス

オリオン座のベテルギウスが爆発するかも? と言われているが、専門家は否定的な意見が多い。 でもここは、近々あるぞーと思いたい。 地震なら不安だが、こういう天文イベントは楽しみ。 ガンマ線の放出など、影響もあると言われているが そこまで大きな影響はないらしい。 それより稼働し始めた重力波天文学にとってもチャンスになる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020天文カレンダー

藤井旭さんからの恒例 2020天文カレンダーが届いた。 そういえば、いつもは11月頃くるのに 今年はないなあ、と思ってた。 その手紙には、 台風19号の被害のためだという。 そんな中でもこういうのを送っていただけるのは嬉しい。 旭さんによれば、阿武隈川の水害が想像以上のものらしい。 三日月湖の被害の写真は驚くべきも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半影月食後

今朝の半影月食は雲で見えなかった。 4時過ぎにちょうど深い半影があった。 夜半が晴れていたので期待したが、 夜半から雲が湧いてきてベタ曇りの様相。 時折月が見えていたようだが、大した現象ではないので そこまで頑張らない。 でも、4時頃が満月だったので残念かも。 金環日食から半月経ってしまった。 日食の後には必ずと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたご食

夜、曇っていたが夜半は回復。 満月1日前の月が眩しい。 0時頃、ふたご座μが月に隠されたが、 雲のため見えず。 そして4時頃同じふたご座のηが隠される。 でも月が明るすぎて、多分見えにくいので その二つがしっかり見える2時半頃を狙う。 ところが雲が覆っている。 雲間に出たところで二つの3等星が 月齢14・5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おうし

雨上がりの夜半は快晴。 風は強いが意外に暖かい感じがする。 少し傾いた西に銀色の月が輝く。 月齢は13をすぎて満月も近い。 こんな月夜は撮ってみたくなる。 近くにアルデバランがおり ヒアデスやプレアデスも見える。 少し流せばこれらが月光のなかに 浮かび上がる。 おうしのツノがくっきりわかる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近日点

新年5日の太陽。 どうってことないけど、 じつは太陽が一番でかく見える日、近日点だった。 この1週間ほどはほぼ変わりがないので 初日の出も大きく感じたかも。 太陽と地球間は約1・5億km(1au) ほぼ1年変わらない距離なのだが ほぼ、なので少し変わる。 近日点は0・983au(約 1・47億km) 半年後の遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドーハ金環5

ドーハは旧市街と新市街に分かれてる。 宿泊したホテルから歩いてすぐが港なので 向い側に新市街のスカイラインが望める。 ドバイのビル群もすごいらしいが この海に浮かぶような様々なデザインのビル群はきれい。 ちょうど、イスラム美術館から一番美しく見える。 丸っこいビルから逆三角など個性的。 夜になると、これらがカラフル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆく星くる星

ゆく星くる星 ということで快晴の大晦日。 月は沈んでしまったので 0時はさんでオリオンを撮る。 カタールでオリオンを見た時 妙にベテルギウスが暗いなあ、と感じた。 光害のせいなのかと思っていたが なんと、実際にベテルギウスが暗くなっていた。 ベテルギウスは超巨大星の末期星で 爆発する寸前の星と言われている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンジャラス金環

カタールのドーハに金環日食を見に行った。 今回の目的はリングではなく低空の歪んだ超部分食狙い。 最近、まん丸リングは飽きたので、 金環日食は超部分食がおもしろいと思うようになってきた。 これは自分的に「デンジャラス金環」と呼ぶ。 天頂近くのリングではまったくおもしろくない。 金環日食だからこそ、遊びとドキドキ感がほし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月

今夕が満月。 正確には14時10分頃がその時なので 夕方の月の出ごろが一番満月っぽい。 しかし雲間で見えない、 18時過ぎにいい感じになってきた。 4時間過ぎたので月齢は0・2ずれて15・8、 やや黄色くて大きく感じる満月だが 距離は平均値の38・5万キロほど。 そういえば今年最後の満月になる。 それよりも、2週間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒアデス満月

曇り空は消えて夜半は快晴。 満月が真上に眩しい。 本当の満月は12日の14時頃なので 半日早い満月。月齢はジャスト15。 その月のそばにアルデバランが輝く。 おうし座のヒアデスがVの時になって月を包む。 まるでソフトクリームのよう。 葉っぱで月を隠すと、きれいなV字がわかる。 あと半月で部分日食が見られる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天王星

快晴の夜半。 月齢11・9の月が眩しい。 そんな月のそばに、今夜は天王星がいる。 月とは4・5度ほどと近い。 天王星は5・7等と肉眼でも見えなくもない明るさ。 だから街灯りの中でも結構目立つ。 すこし流せばその存在もはっきりする。 30億km彼方の惑星が見える。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天文台ニュース

国立天文台から「国立天文台ニュース」 11月号がきた。 12月なのに11月号だが、 細かいことは気にしない。 その分、今月号は豪華になっている。 野辺山天文台、正しくは「野辺山観測所」は 今年で50年を迎えた。その特集号。 電波干渉計をやさしく解説したPもある。 そして、 別冊には「アルマーの冒険・第9回」も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月面X海王星

上弦の月が輝く。 今夜は月面Xも見られた。 小口径のレンズなのでクリアには写っていない。 その月のそばに海王星もいる。 海王星は現在太陽系の最果の惑星になっている。 地球から約44億キロ彼方。 光度は7・8等くらい。 暗いがしっかり写ってる。 海王星は、みずがめ座のφ星の近くにある。 この星の近くには一昨年話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星空年鑑

今年も「星空年鑑」が発売された。 これは天文をやっている人にとっては必需品。 これがないと、天文生活が成り立たない。 こちらも4コマのネタ本としても貴重品。 2020年のハイライトは 何と言っても6月の部分日食。 石垣島あたりでは90%欠けた日食になる。 そして、台湾に行けば細い金環日食が見られる。 ちょうど夏至…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月木金土

今夕も快晴。 昨日撮れなかった木金土のそろい踏み。 そこに月齢3・7の月が加わった。 夕焼けに惑星と月が華やか。 こんないい天気はなかなかない。 まだ明るさの残る空でも、 3つの惑星がキラキラして見える。 マンションの隙間から 遠くに富士山も見えていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のダイヤモンド

快晴の夜半。 このところいい夜空が続くが なかなかカメラをむける機会がなかった。 久しぶりに月を愛でる。 もう満月も過ぎて月齢は18になっている。 今夜は冬のダイヤモンドの真ん中にある。 冬のダイヤモンドは冬の星座の1等星、 シリウス、リゲル、アルデバラン、カペラ、 ポルックス、プロキオンの6つを結んだもので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上弦の月

今夜は上弦の月が眩しい。 ちょうど17時半ごろが上弦時になる。 これは見やすくていいタイミング。 ビキニパンツ型がやぎ座になる。 そのパンツの真ん中に月がある。 やぎ座はギリシア神話では慌て者パーン。 あるとき怪物テュフォンが襲ってきたとき 川に飛び込んで魚になるつもりだったが 慌てていたので下半身だけ魚になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月齢4

久しぶりに快晴の夕方。 10月は毎日雨のような気がしていたが 11月になった途端、いい天気の日が続きそう。 そんな晴れた西に月齢4・3の月が輝く。 昨日も天気は良かったようだが外出していた。 そのため木星との接近は見えなかった。 そして本日は、両脇には木星と土星がある。 流してみるといて座の姿も現れる。 明日は土星と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三鷹星と宇宙の日

「三鷹星と宇宙の日」に行ってきた。 昨日のプレは大雨で中止になったという。 たしかに芝グラウンドの真ん中に プールができていた。 芝も湿っぽいが、からりと晴れたため気持ちがいい。 そんな会場には大勢の人が集まっている。 今回は、すばる20年ということで それにちなんだ講座もあった。 すばるとアルマの系外惑星の最前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラ

クジラが動悸息切れしてる。 そんな時には救心。 そろそろ、くじら座ο星のミラが極大を迎える。 ミラは脈動型変光星の代表格で、 名前はラテン語のミラ(不思議)からきている。 秋の星座物語で、エチオピアのアンドロメダ姫を 食らおうとしたのが、この化けクジラ。 ペルセウスの持つメドゥサの目で 石にされてしまった。 その化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラ天王星ベスタ

雨上がりの夜空は快晴。 湿っぽいが、久しぶりに晴れた夜空を見た。 この日、皇室では華やかな行事が行われた。 秋の夜空でも地味な現象が起こっている。 今月の下旬から来月初めにかけて気になる星々が輝く。 暗い場所ならはっきりと分かるだろうが 街中でもそれがわかった。 おうし座のそばで、小惑星のベスタと天王星が接近してる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うさぎ座R

いま、うさぎの目が赤い。 10月初めに、うさぎ座Rが極大を迎えた。 といってもなんのこと? 冬の星座の代表格、オリオン座のすぐ下にあるのがうさぎ座。 目立たない星座だが、狩人オリオンの獲物ともいわれる。 小さいけれど、耳の長いうさぎの姿がわかる星座。 うさぎの頭の先に、妙に赤い星がある。 でも肉眼では見えない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル7

ウランバートルで宿泊したのはウランバートルホテルという老舗。 すぐそばがスフバートル広場。 夏にもここで撮影したので、また行ってみる。 ところが時間が早かったせいか、施設が明るい。 衛兵もいる。 それに見つかって、即退去させられた。 ここは夜中に行くトコだ。 街はやはり明るく、星は写しようがない、 諦めていたら、ゴビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたご

台風一過なのか夜半は快晴。 穏やかな東の空には月齢24の月が昇っている。 知らぬ間に月が細くなってる。 この連休は忙しくて外に出てなかったのでまだ意外に蒸し暑い。 でも空は冬の星座が現れている。 月がふたご座にある。 晴れているせいか街中なのにかなりの星が写ってる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天文台

久しぶりに天文台で打ち合わせ。 周りは秋っぽいのに天文台はセミの合唱。 蚊にも刺されて、まだここは夏。 そういえば電車内や武蔵境の駅に、 どこかで見たジャージ姿の人が多かった。 そうか、本日はラグビーの試合らしい。 こちらは全く興味がないので、 W杯のことも東京スタジアムのことも頭にない。 天文台の上をブルーイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンビニムーン

14日は満月。 この月が今年一番小さな満月だった。 2月の満月がスーパームーンで、 月は地球から約35万6900kmにある。 9月の満月コンビニムーンは 地球から約40万6300kmと離れた。 その差は5万km以上で地球4個分。 比べてみるとかなり違う。 直径で14%、明るさで30%も違う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中秋の名月

13日は中秋の名月。 秋の気配の真夜中は快晴。 中秋の名月は旧暦8月15日の月を指す。 でも、その日が満月とは限らない。 だいたい前後日にずれる。 これは月の軌道が楕円のため、 15日が必ず満月にならないから。 今年も13日が中秋の名月になるが 満月は14日の13時半頃。 それでも見た目は変わらない、 ススキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上弦と木星

久しぶりに快晴。 月齢7の上弦の月が輝く。 そんな月のそばに−2等の木星がある。 美しい景色。 午後3時頃最接近していた、 でも夕方過ぎの暗い空でも かなり接近してるのがわかる。 だいたい2度ほど。 ちょうど木星はさそり座の上にあるので 賑やかな空になっている。 木星のガリレオ衛星も見えている。 エウロパだけ木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほドリ

昨日は新月。 今月は1日も新月だった。 1ヶ月に2度新月がある月を 「ブラックムーン」と呼ぶそうな。 最近は「スーパームーン」とかブルームーン」なんて やたら月の名前を美化して呼んでるけど まあ、月に関心ができるのはいいこと。 満月が月に2回あることは「ブルームーン」といい その逆の新月が2度あるのは「ブラックムー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more