テーマ:新聞

なるほドリ

毎日新聞朝刊別冊 「月刊なるほドリ」12月号が出た。 今回は師走の慌ただしさを表すようなものと 言われたので、全員走らせた。 確かに世界情勢も慌ただしい。 2日はゴルバチョフと父ブッシュの マルタ会談から30年だという。 しっかり、部分日食とふたご群も 記事に入ってるのはうれしい。 しかし、今年のふたご群は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際漫画フェフ

いま、 さいたま市北区のプラザノースで 国際漫画フェスティバルが24日まで開催中。 これは毎回テーマに沿って描く漫画展、 世界各国からも多くの作品が集まって 他では見られない国際的な漫画を鑑賞できる。 毎回ユニークな作品が並び、楽しめる。 同時に北沢楽天漫画大賞や まんが甲子園の作品も展示されている。 さらにユーモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほドリ

31日の毎日新聞別刷り「なるほドリ』。 ラグビーの決勝戦があるが 印刷の時点では4強だったので こんなユニフォームになった。 さらには、チリのAPEC開催ができなくなったというし、 12月のCOP25も断念した。 国際情勢はいろいろ予想がつかない。 7月にチリに行った時は平穏だったのに ここに来てデモが激しくなってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほドリ

昨日は新月。 今月は1日も新月だった。 1ヶ月に2度新月がある月を 「ブラックムーン」と呼ぶそうな。 最近は「スーパームーン」とかブルームーン」なんて やたら月の名前を美化して呼んでるけど まあ、月に関心ができるのはいいこと。 満月が月に2回あることは「ブルームーン」といい その逆の新月が2度あるのは「ブラックムー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほドリ

毎日新聞朝刊、月刊「なるほドリ」 今月は池上彰さんがお休みなので 元編集長が執筆。 絵は夏らしいバージョンで仕上げた。 しっかりペルセ群のことも記してある。 でも今年は月が明るくて条件は良くない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリムト展

「クリムト展」に行く。 思ったよりもよかった。 クリムトといえばあの金の”ユディト”を イメージするが、これが日本の影響を 受けていたことがよく分かる展示になっている。 点数こそ少ないが見応えある作品群。 2次元的な風景画もおもしろい。 レプリカだけど、”ベートーベンフリーズ”は大迫力。 まるでピラミッド内の壁画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JSEC2

朝日新聞社の「今解き教室サイエンス」 JSECジュニアの vol.2が発売された。 今回のヒストリーは医療関係。 これけっこう面倒だった。 チョイスする人物がなかなか決まらなく 構成に時間がかかってしまった。 次回は得意な分野の宇宙なので 楽しんで描けそう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外環道

「東京外環物語」という冊子ができた。 これは外環道の工事を説明するパンフ。 東京外環プロジェクトが作ったもの。 工事中の外環道の大泉JCTから東名JCTの地下工事の案内。 当初は写真とイラストでやっていたが マンガの方がわかりやすいということでこちらに話が。 完成までに時間はかかったが わかりやすいいい冊子になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野さくら祭り終了

7日、上野の桜まつりが終わった。 今回は忙しい時期にバッティングし 結局 3回しか出られなかった。 多い人は8回も出た人がいたようだ。 一日中テントの中で対応するのは大変。 描いてるときは気にならないが、やっぱり外で描くのは慣れない。 最後の出番は6日だった。 この日は天気も良くて暖かく、多くの人が来場。 19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JSEC

朝日新聞から4月 今解き教室サイエンス「JSECジェイセックジュニア」 という科学雑誌が創刊された。 これにイラストで参加している。 ほとんどお任せの内容なので、 好きに構成できるのだが,いろいろ複雑な内容なので面倒。 でもこういうのは得意なので楽しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほドリ

本日の毎日新聞、藤井のイラスト 本紙”旬なトピック”と”別冊なるほドリ”同時掲載。 双方、池上さんのわかりやすい原稿にあわせて、 毎回描かせてもらっている。 「4月の予定」は3月の入稿だったので 当然、新元号がまだわからない時期。 本紙では掲載が3月末、 しかし、 なるほドリは4月2日、 元号が「令和」になってか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

令和

新年号が決まった。 「令和」ってなかなかいいじゃないか。 ちょっと”命令”の意識がして、上から目線的な感じもする。 おまけに”冷たい”と似てるから、そういう感じもするな。 ま、お”礼は”いらないってことか。 略すと”◯◯”になるのも可愛い。 丸く収まる感じもするね。 でも”ゲートウエイ”なんて付かなくてよかった。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恒例上野さくら祭り

上野のさくら祭りが今年も始まっている。 似顔絵集団でもテントを張ってチャリティに参加。 今年も集団で20人ばかりが参加してローテを組んでいる。 ことしは21日のオープンから桜が咲き始めて、いつもよりも賑やからしい。 こちらは仕事が忙しいので、今回はあまり参加できない。 ようやく本日初日、で最後かな。 曇り空の桜満開で人出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春の会

マンガジャパンとデジタルマンガ協会の 合同新春の会が都内のホテルで行われ、 今年も大勢の関係者で賑わった。 昨年よりも人数を絞ったということだが、それでも多い。 里中先生の挨拶から、ちば、永井両先生の乾杯で始まる。 その前からビールで勝手に始まっていたから、まあ漫画家の会らしい。 漫画家協会のパーティでは会場係を仰せつか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉光環

雨上がりの日は花粉が多いらしい。 それを見ることもできる。 花粉光環という。 ”花粉光環”とは大気中に大量に飛散した 花粉によって太陽の周りに見える虹色の光環のことで、結構美しい。 昼間でもなにかで太陽を隠せば写るし 日の入りもより美しい。 これが出るってことは花粉が多いという証拠。 なんでも今年は飛散が多いらしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デストロイヤー死去

デストロイヤー氏が死去した。 日本にプロレスブームを起こした外国人レスラーの雄だった。 今でこそ覆面レスラーは数多くいて、進化したマスクだが、当時は本当に被り物。 デストロイヤーのマスクも、かなりイージーなもの。 それでもこの姿は衝撃的だった。 バラエティに出てからは単なるタレントになってしまい、ちょっと残念だったかな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オニンピック2」元麻布

13日から元麻布ギャラリーで 「山根一門会・オニンピック2」が開催される。 11日まで森下文化センターで開催されていた 「オニンピック」がバージョンアップ。 12日搬入をしてきたが、森下とは違う装いになった。 17日には午後から無料お楽しみイベントがある。  場 所:元麻布ギャラリー      〒106-0046 東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座・高円寺寄席描きアート展

2月5日(火)~ 3月3日(日)まで 「座・高円寺寄席描きアート展」開催。 高円寺のこうしん通りで「演芸まつり」を やっており、その期間中賑やかな作品を展示。 日本落画協会の漫画家やイラストレーターなど23名が参戦。新作も多い。 森下文化センターで開催した「寄席描き展」のスピンオフ?という感じ。 座・高円寺の地下2階…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オニンピックイベント1

2月3日 「オニンピック展」の第一回イベント無事開催。 こちらは似顔絵に参加、 隣の小河原画伯のテクニックを盗み見。 午後からマジックショー、マンガ教室、 怪談話と賑やか。 最初は人が少なく心配したが始まると大盛況になった。 17時から山根一門会の面々がコスプレして豆まき。 こちらが鬼だったので、逆にまかれてしまい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニンピック開催

本日から山根一門会の「オニ(鬼)ンピック展」が開催。 昨日搬入して展示。 一部の人はまだ済んでいなかった。 ようやく本日皆さんの作品がそろった。 今回はオリンピックにかけて 山根青鬼先生門下の鬼の名前のある門下生が 鬼の名前をもらっているので、その自分の鬼名を使って、 オニンピックということで作品を展示。 ちなみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニ(鬼)ンピック展

山根一門会の展覧会が始まる。 これは山根青鬼先生を慕う漫画家が 自分の鬼名を使った作品を発表するもの。 今年が初めての試み。 来年が東京五輪なので、鬼に引っ掛け 「オニ(鬼)ンピック」ということになった。 会場は2箇所、 森下文化センターは 1月26日から2月11日まで。 元麻布ギャラリーで 2月13日から2月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しくじり先生

さいたま市の某小学校で講演をしてきた。 昨年末、市が主催する『未来くる先生」の一環で話をして欲しいということで、 その学校の教頭先生から、こちらに依頼があった。 後で聞くと、”未来くる先生”というのは市に登録した人ということ。 こちらはイレギュラーになるが、その教頭先生が知り合いなので声をかけてもらった。 もうすぐ卒業生に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サイバー攻撃から暮らしを守れ!」単行本発刊

こんな本がPHP研究所から発刊された。 『サイバー攻撃から暮らしを守れ!』 著者は自民党の高市早苗議員。 作画はわたくし藤井龍二。 高市氏はサイバーセキュリティの対策本部長、 これからますますIoT時代になって サイバー攻撃が懸念されるということ。 最近でも総務省や防衛省も サイバー攻撃白書を出している。 そんなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第5回キャラクターアート展」

「第5回キャラクターアート展」が始まった。 初日はオープニングパーティもあって 賑やかな幕開けになった。 久しぶりに会うみなさんと話し込んでると あっという間に時間が経ってしまった。 昨日の搬入時の時よりうまくレイアウトされ ほんとカラフルで華やかな会場になっていた。 二次会はいつもの居酒屋に繰り出す。 会場:山脇ギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回キャラクターアート展

7日から 「第5回キャラクターアート展」が始まる。 バロン吉元先生のもとに集まった40数人の 漫画家やイラストレータ、デザイナーたちの 個性的な作品が賑やかに展示される。 会場は今年も多分クリスマスムードにもなってる。 展示のほか、絵や書籍、グッズなど即売会もある。 この展覧会は、いろいろなジャンルの人が集まるから …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席描き展

江東区の森下文化センターで「第6回 寄席描き展」が始まった。 18日お昼までに搬入し展示準備。 今回もユニークな作品群が並んだ。 特に歌丸師匠の追悼コーナーなど、いつもより賑やか。 そしてお題が「志ん生」なのでそれに関した作品が多い。 こちらも古今亭一門のイラストで参加。 単なる作品では面白くないので今回は手ぬぐいに絵を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連載300回

月刊誌「THE21」(PHP研究所) ここで連載してる「商品に歴史あり」が おかげさまで、なんと今月号で300回!を迎えた。 パチパチドンドンパフパフー 25年やってるから ほぼ平成時代を見てきたことになる。 この本の中で最長期連載になってしまった。 一応、雑誌の中では好評連載ということ。 以前、フリーペーパーで全雑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「手塚治虫生誕90周年」「国際漫画フェフ」

11月1日~11日まで 「手塚治虫先生 生誕90周年」という催しがある。 ここでは手塚治虫キャラを90人の漫画家が 色紙に描くという展示会がある。 恐れ多くも、その一人として参加した。 アトム描くとき緊張してしまったぁー。 3日と4日は声優陣による朗読イベントもあるとか。 場所:ギャラリーやしの木Waipama 住所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荏柄天神絵筆塚祭

14日に鎌倉の荏柄天神で恒例の絵筆塚祭が行われた。 今回、他の用事があって行けなかったが絵灯篭には参加した。 これは荏柄天神の参道に、多くの 漫画家が描いたイラストを 灯篭にしてずらりと並べるもの。 夜には明かりが灯される。 今年のテーマは”合格、IT、河童”だったかな。 そして本日、お礼の手紙とともに扇子が送られてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

wabisabi 祭り

土日と似顔絵を頼まれた。 久しぶりの似顔絵だが、運悪く連チャンとなってしまった。 たまに似顔絵をやるのは気分転換でいいが 連日やるのは疲れる。 それでもお仕事なので致し方ない。 初日は大宮公園であった「ワビサビ祭り」 よくわからないお祭りだけど、昨年は台風か何かで中止になり、今年初めて。 広大な大宮公園の中にテントブー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more