テーマ:美術

キャラクターアート展

28日から 「第6回キャラクターアート展」が始まった。 初日は大勢の人で賑わう。 バロン先生のあいさつどおりに力作が集まった。 皆さん、毎回刺激を受けてより良い 個性を発揮している。 こういう展示会は楽しい。 1年ぶりで出会う人も多くてこちらも楽しみ。 グッズ売り場も充実、 私のネコション(クッションカバー)もあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山根先生画業70周年展

山根青鬼先生の「画業70周年展」が 明日30日から12月22日まで 江東区森下文化センターで開催される。 その最終準備を手伝う。 センター職員と先生と自分だけだったので、 いろいろお話を聞きながら作業してると あっという間に時間が経ってしまった。 しかし、どの作品もきれいに描いてあり感動。 そしてデビュー前の作品も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャラクターアート展

『第6回 キャラクターアート展』が 11月28日から始まります。 今年は50人もの作家が集まっての賑やかな展覧会。 この時期は年末進行時で忙しく作品を作る時間がない。 もっと前からやれよー ってことだがなかなかそうはいかない。 果たして当日間に合うのか? ◆会期:11月28日(木)〜12月10日(火) ※日曜休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「永遠の門」

「永遠の門」 サブタイで「ゴッホの見た未来」なんてついてるが、うっとおしい。 かなり不思議な作品。 それでも魅せられる。 なにせ、ゴッホをウイレム・デフォーが演じて マチュー・アマルリックやマッツ・ミケルセンも出てるとあっては 観ないわけにはいかんやろ。 ウイレムデフォーがゴッホにそっくりだったのは驚き。 といっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コートールド美術館展

都美術館で開催中の 「コートールド美術館展」に行く。 ロンドンにあるという この美術館は知らなかった。 そこがいま大規模改築中ということで、こうして日本で公開されている。 ここは資産家のサミュエル・コートールドが30年代に設立した美術館で 主に印象派の絵画を収集している。 コートールドはまさに都美術館で開催中の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かっぱ

今年も鎌倉の荏柄天神で10月13日午後1時から 恒例の絵筆塚祭が行われる。 漫画家が使い倒した筆と一緒に その場で描いた寄せ書きとともに供養する催しが行われる。 今年は他のイベントと重なって行けない。 参道には約100人の漫画家が描いた「 まんが絵行灯」が 12日と13日にずらりと並ぶ。 12日夜には灯も入るという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山根一門会

昨日は山根一門会の会合プラス先生誕生日会。 ところが仕事が立て込んでいて、会合には行けず 夕方からのパーティにしか参加できなかった。 一門は午後から例会を開き、 今年から来年にかけてのイベントを話し合ったという。 どうやら10月から1月にもいろいろあるそうだ。 その後、新宿にある稲荷鬼王神社に参拝したとか。 新宿に鬼の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

搬出

土曜、「日本漫画2019展」が終わった。 暑い中ご高覧いただいた皆様、ありがとうございました。 今回は仕事のついでに寄った程度で、当番もできなかった。 暑いけれど多くの人は訪れたようで、 アンケート箱もいっぱいになっていた。 搬出はあっという間に終わって、搬入の時の大変さが嘘のよう。 その後、ご苦労さん会をやって、今年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本漫画2019展

8月5日から 恒例の「日本漫画2019展」が始まる。 今年はなんと50回とか。 私は数年前から参加してるので そんなに歴史あるとは知らない。 このグループ展は毎回旬なテーマがある。 今年のお題は「AI:人工知能」 平成がITの時代なら令和はAIの時代になりそう。 ということで44人の漫画家が 楽しい88の作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北沢楽天

7月13日(土)から9月1日(日)まで 埼玉県立歴史と民俗の博物館で 「北沢楽天と時事漫画展」が開催されている。 10月30日映画「漫画誕生」の公開も決まった北沢楽天 何かと話題になってる埼玉が熱い? この企画展の中では 8月24日(土)には私が担当する 漫画家による似顔絵実演もある。 13:30〜16:30 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松方コレクション展

西洋美術館で開催されている 「松方コレクション展」に行ってきた。 チケット売り場には列ができていたが、思ったよりは少ない。 中もそれほど混んでいなくてゆっくり見られる。 まあ、これから夏休み本番になると混むのかな。 松方幸次郎が集めたコレクションの中の150点あまりが展示してある。 大きなモネの睡蓮が出迎えてくれるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリムト展

「クリムト展」に行く。 思ったよりもよかった。 クリムトといえばあの金の”ユディト”を イメージするが、これが日本の影響を 受けていたことがよく分かる展示になっている。 点数こそ少ないが見応えある作品群。 2次元的な風景画もおもしろい。 レプリカだけど、”ベートーベンフリーズ”は大迫力。 まるでピラミッド内の壁画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

illyライブ

illyさんのライブに行ってきた。 シンガーソングライターのillyさんは 星好きでもあり「ポラリス」という歌もある。 星好きという関係で知り合い 月刊 「星ナビ」でも来月号で紹介することになった。 さらには星ナビ監修でCDもでることになったという。 その記念もあってライブが開かれた。 CDでは聴いていたが実際に生で見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JSEC2

朝日新聞社の「今解き教室サイエンス」 JSECジュニアの vol.2が発売された。 今回のヒストリーは医療関係。 これけっこう面倒だった。 チョイスする人物がなかなか決まらなく 構成に時間がかかってしまった。 次回は得意な分野の宇宙なので 楽しんで描けそう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席描き展終了

「第7回 寄席描き展」無事終了。 会期中は3度しか行けなかったが 連休中ということもあって賑わったようだ。 今回のテーマは「艶」はなかなか華やいでよかった。 こちらも「宮戸川」を選んだ。 これ志ん朝の十八番といってもよく お花の積極性がなかなかいい。 でも前半の色っぽい終わり方に比べ、後半は暗いお話。 最後の夢オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大日本プロレス

28日から「寄席描き展」が始まった。 搬入のため森下文化センターに行くと その途中の高橋商店街、通称”のらくろロード”の 真ん中あたりに人だかり。 あれ?リングがある。 なんと大日本プロレスの路上試合が始まるところだった。 搬入を早めにすませてプロレス観戦。 大日本プロと言えばデスマッチが売りだが さすがに街中で、し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW寄席描き展盆栽祭り

4月28日(日)から 「第7回寄席描き展」が始まる。 いつもは11月に開催していたが 諸事情で5月に前倒しになった。 落語をテーマにしたお題で 落語好きな漫画家やイラストレータなど 35人が集う展覧会。 今回のお題は「艶 TSUYA」」 どんな作品が並ぶかお楽しみに。 期間:4月28日(日)~5月12日(日) 9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外環道

「東京外環物語」という冊子ができた。 これは外環道の工事を説明するパンフ。 東京外環プロジェクトが作ったもの。 工事中の外環道の大泉JCTから東名JCTの地下工事の案内。 当初は写真とイラストでやっていたが マンガの方がわかりやすいということでこちらに話が。 完成までに時間はかかったが わかりやすいいい冊子になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野さくら祭り終了

7日、上野の桜まつりが終わった。 今回は忙しい時期にバッティングし 結局 3回しか出られなかった。 多い人は8回も出た人がいたようだ。 一日中テントの中で対応するのは大変。 描いてるときは気にならないが、やっぱり外で描くのは慣れない。 最後の出番は6日だった。 この日は天気も良くて暖かく、多くの人が来場。 19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JSEC

朝日新聞から4月 今解き教室サイエンス「JSECジェイセックジュニア」 という科学雑誌が創刊された。 これにイラストで参加している。 ほとんどお任せの内容なので、 好きに構成できるのだが,いろいろ複雑な内容なので面倒。 でもこういうのは得意なので楽しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほドリ

本日の毎日新聞、藤井のイラスト 本紙”旬なトピック”と”別冊なるほドリ”同時掲載。 双方、池上さんのわかりやすい原稿にあわせて、 毎回描かせてもらっている。 「4月の予定」は3月の入稿だったので 当然、新元号がまだわからない時期。 本紙では掲載が3月末、 しかし、 なるほドリは4月2日、 元号が「令和」になってか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

恒例上野さくら祭り

上野のさくら祭りが今年も始まっている。 似顔絵集団でもテントを張ってチャリティに参加。 今年も集団で20人ばかりが参加してローテを組んでいる。 ことしは21日のオープンから桜が咲き始めて、いつもよりも賑やからしい。 こちらは仕事が忙しいので、今回はあまり参加できない。 ようやく本日初日、で最後かな。 曇り空の桜満開で人出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春の会

マンガジャパンとデジタルマンガ協会の 合同新春の会が都内のホテルで行われ、 今年も大勢の関係者で賑わった。 昨年よりも人数を絞ったということだが、それでも多い。 里中先生の挨拶から、ちば、永井両先生の乾杯で始まる。 その前からビールで勝手に始まっていたから、まあ漫画家の会らしい。 漫画家協会のパーティでは会場係を仰せつか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥生美術館

本日、山根一門会の「オニンピック展」が 終了した。 森下からだと、ほぼ1ヶ月のロングラン。 皆様お疲れ様でした。 搬出が16時からだったので、その前に 弥生美術館でやってるバロン先生の 「バロン元年」に寄る。 バロン先生の作品群が一同に並んでる。 ついでに夢二美術館も見る。 明治大正の絵と昭和平成の時代の絵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オニンピック2」元麻布

13日から元麻布ギャラリーで 「山根一門会・オニンピック2」が開催される。 11日まで森下文化センターで開催されていた 「オニンピック」がバージョンアップ。 12日搬入をしてきたが、森下とは違う装いになった。 17日には午後から無料お楽しみイベントがある。  場 所:元麻布ギャラリー      〒106-0046 東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニンピックイベント1

2月3日 「オニンピック展」の第一回イベント無事開催。 こちらは似顔絵に参加、 隣の小河原画伯のテクニックを盗み見。 午後からマジックショー、マンガ教室、 怪談話と賑やか。 最初は人が少なく心配したが始まると大盛況になった。 17時から山根一門会の面々がコスプレして豆まき。 こちらが鬼だったので、逆にまかれてしまい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニンピック開催

本日から山根一門会の「オニ(鬼)ンピック展」が開催。 昨日搬入して展示。 一部の人はまだ済んでいなかった。 ようやく本日皆さんの作品がそろった。 今回はオリンピックにかけて 山根青鬼先生門下の鬼の名前のある門下生が 鬼の名前をもらっているので、その自分の鬼名を使って、 オニンピックということで作品を展示。 ちなみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニ(鬼)ンピック展

山根一門会の展覧会が始まる。 これは山根青鬼先生を慕う漫画家が 自分の鬼名を使った作品を発表するもの。 今年が初めての試み。 来年が東京五輪なので、鬼に引っ掛け 「オニ(鬼)ンピック」ということになった。 会場は2箇所、 森下文化センターは 1月26日から2月11日まで。 元麻布ギャラリーで 2月13日から2月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼鎮神社初詣

山根一門会の面々で初詣。 場所は埼玉県嵐山町にある鬼鎮神社、 ここは全国でも珍しい鬼をお祀りする神社。 鬼が祀られている神社はここのほか、青森県、大分県、福岡県の4社しかないという。 じつは山根青鬼先生の30年ぶりの鬼詣、そして1月末から山根一門会によるグループ展 「オニ(鬼)ンピック」を開催するため、その成功の祈願も兼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サイバー攻撃から暮らしを守れ!」単行本発刊

こんな本がPHP研究所から発刊された。 『サイバー攻撃から暮らしを守れ!』 著者は自民党の高市早苗議員。 作画はわたくし藤井龍二。 高市氏はサイバーセキュリティの対策本部長、 これからますますIoT時代になって サイバー攻撃が懸念されるということ。 最近でも総務省や防衛省も サイバー攻撃白書を出している。 そんなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more