テーマ:天文

天文台ニュース

国立天文台から「国立天文台ニュース」 11月号がきた。 12月なのに11月号だが、 細かいことは気にしない。 その分、今月号は豪華になっている。 野辺山天文台、正しくは「野辺山観測所」は 今年で50年を迎えた。その特集号。 電波干渉計をやさしく解説したPもある。 そして、 別冊には「アルマーの冒険・第9回」も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月面X海王星

上弦の月が輝く。 今夜は月面Xも見られた。 小口径のレンズなのでクリアには写っていない。 その月のそばに海王星もいる。 海王星は現在太陽系の最果の惑星になっている。 地球から約44億キロ彼方。 光度は7・8等くらい。 暗いがしっかり写ってる。 海王星は、みずがめ座のφ星の近くにある。 この星の近くには一昨年話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほドリ

毎日新聞朝刊別冊 「月刊なるほドリ」12月号が出た。 今回は師走の慌ただしさを表すようなものと 言われたので、全員走らせた。 確かに世界情勢も慌ただしい。 2日はゴルバチョフと父ブッシュの マルタ会談から30年だという。 しっかり、部分日食とふたご群も 記事に入ってるのはうれしい。 しかし、今年のふたご群は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星空年鑑

今年も「星空年鑑」が発売された。 これは天文をやっている人にとっては必需品。 これがないと、天文生活が成り立たない。 こちらも4コマのネタ本としても貴重品。 2020年のハイライトは 何と言っても6月の部分日食。 石垣島あたりでは90%欠けた日食になる。 そして、台湾に行けば細い金環日食が見られる。 ちょうど夏至…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月木金土

今夕も快晴。 昨日撮れなかった木金土のそろい踏み。 そこに月齢3・7の月が加わった。 夕焼けに惑星と月が華やか。 こんないい天気はなかなかない。 まだ明るさの残る空でも、 3つの惑星がキラキラして見える。 マンションの隙間から 遠くに富士山も見えていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のダイヤモンド

快晴の夜半。 このところいい夜空が続くが なかなかカメラをむける機会がなかった。 久しぶりに月を愛でる。 もう満月も過ぎて月齢は18になっている。 今夜は冬のダイヤモンドの真ん中にある。 冬のダイヤモンドは冬の星座の1等星、 シリウス、リゲル、アルデバラン、カペラ、 ポルックス、プロキオンの6つを結んだもので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上弦の月

今夜は上弦の月が眩しい。 ちょうど17時半ごろが上弦時になる。 これは見やすくていいタイミング。 ビキニパンツ型がやぎ座になる。 そのパンツの真ん中に月がある。 やぎ座はギリシア神話では慌て者パーン。 あるとき怪物テュフォンが襲ってきたとき 川に飛び込んで魚になるつもりだったが 慌てていたので下半身だけ魚になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三鷹星と宇宙の日

「三鷹星と宇宙の日」に行ってきた。 昨日のプレは大雨で中止になったという。 たしかに芝グラウンドの真ん中に プールができていた。 芝も湿っぽいが、からりと晴れたため気持ちがいい。 そんな会場には大勢の人が集まっている。 今回は、すばる20年ということで それにちなんだ講座もあった。 すばるとアルマの系外惑星の最前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラ

クジラが動悸息切れしてる。 そんな時には救心。 そろそろ、くじら座ο星のミラが極大を迎える。 ミラは脈動型変光星の代表格で、 名前はラテン語のミラ(不思議)からきている。 秋の星座物語で、エチオピアのアンドロメダ姫を 食らおうとしたのが、この化けクジラ。 ペルセウスの持つメドゥサの目で 石にされてしまった。 その化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル7

ウランバートルで宿泊したのはウランバートルホテルという老舗。 すぐそばがスフバートル広場。 夏にもここで撮影したので、また行ってみる。 ところが時間が早かったせいか、施設が明るい。 衛兵もいる。 それに見つかって、即退去させられた。 ここは夜中に行くトコだ。 街はやはり明るく、星は写しようがない、 諦めていたら、ゴビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたご

台風一過なのか夜半は快晴。 穏やかな東の空には月齢24の月が昇っている。 知らぬ間に月が細くなってる。 この連休は忙しくて外に出てなかったのでまだ意外に蒸し暑い。 でも空は冬の星座が現れている。 月がふたご座にある。 晴れているせいか街中なのにかなりの星が写ってる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天文台

久しぶりに天文台で打ち合わせ。 周りは秋っぽいのに天文台はセミの合唱。 蚊にも刺されて、まだここは夏。 そういえば電車内や武蔵境の駅に、 どこかで見たジャージ姿の人が多かった。 そうか、本日はラグビーの試合らしい。 こちらは全く興味がないので、 W杯のことも東京スタジアムのことも頭にない。 天文台の上をブルーイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンビニムーン

14日は満月。 この月が今年一番小さな満月だった。 2月の満月がスーパームーンで、 月は地球から約35万6900kmにある。 9月の満月コンビニムーンは 地球から約40万6300kmと離れた。 その差は5万km以上で地球4個分。 比べてみるとかなり違う。 直径で14%、明るさで30%も違う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中秋の名月

13日は中秋の名月。 秋の気配の真夜中は快晴。 中秋の名月は旧暦8月15日の月を指す。 でも、その日が満月とは限らない。 だいたい前後日にずれる。 これは月の軌道が楕円のため、 15日が必ず満月にならないから。 今年も13日が中秋の名月になるが 満月は14日の13時半頃。 それでも見た目は変わらない、 ススキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上弦と木星

久しぶりに快晴。 月齢7の上弦の月が輝く。 そんな月のそばに−2等の木星がある。 美しい景色。 午後3時頃最接近していた、 でも夕方過ぎの暗い空でも かなり接近してるのがわかる。 だいたい2度ほど。 ちょうど木星はさそり座の上にあるので 賑やかな空になっている。 木星のガリレオ衛星も見えている。 エウロパだけ木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほドリ

昨日は新月。 今月は1日も新月だった。 1ヶ月に2度新月がある月を 「ブラックムーン」と呼ぶそうな。 最近は「スーパームーン」とかブルームーン」なんて やたら月の名前を美化して呼んでるけど まあ、月に関心ができるのはいいこと。 満月が月に2回あることは「ブルームーン」といい その逆の新月が2度あるのは「ブラックムー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野辺山

またまた野辺山に一泊取材。 野辺山宇宙電波観測所は 今年で一部が閉鎖になるらしい。 まだ詳しいことはわからないが、今までとは違う形になる。 そんな一抹の寂しさもあるなか、一泊。 高原の夜は気持ちのいいくらい涼しい。 ちょっと寒いくらい。 しかし、天気は毎度のことで悪く、夜も曇り空。 野辺山ではなかなかいい天気に恵まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うお座33

またまた晴れてる。 夕方には雨模様だったのがウソみたい。 でももやが残る空。 3日連続で月を愛でる。 今夜マイナーだがスリリングな現象があった。 うお座の端にある33が月に隠される。 いわゆる掩蔽とか星食とかいう。 明るい星が隠されればメジャーな現象だが 4・6等星ではほとんどの人は気にしない。 でもこれでもけっこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十六夜

台風一過で快晴の夜。 昨夜の満月から丸1日経った 月齢15・5が輝く。 いわゆる十六夜になるがそれは来月十五夜の後のこと。 じつは来月の満月は一番小さい。 一般的にミニマムムーンというが我々はコンビニムーンと呼ぶ。 スーパームーンが一番でかいので小さいスーパーだからコンビニ。 なんとか定着させたい。 今夜も意外に小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土星月木星

台風が接近しているせいか、晴れても雲が多い。 それに思ったよりも涼しくて、やはり夏も終わりに感じる。 なにせ明日で G1が終わるから、当然か。 昨日はきれいな月だったのに今夜は薄雲の中にある。 ちょうど木星と土星を両手に従えて月齢10の賑やかな空。 木星の下にはアンタレスも見える。 明日は土星と月が大接近をする。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月齢3・3

今夜もよく晴れている。 月齢3・3の月が輝く。 久しぶりに月を愛でるから楽しい。 今夜は昨夕よりも湿度がない分爽やか。 そのため地球照もよくわかる。 よく見るとおとめ座の8等星の星が月に隠れるところだった。 こんなに明るいのによく写るものだ。 それでも空はもやっており星々は鈍い。 いま月はおとめ座にあるから おとめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三日月とISS

蒸し暑くよどんだ夕方、 西に細い三日月が輝いている。 チリ日食から1ヶ月経ってしまった。 濁ったような空では月齢2・3の月は黄色い。 下には暑い雲が待ち構えているので まだ青さの残る空でないと見えない。 明るいために地球照はかすかしかわからない。 それでも久しぶりに月を愛でる。 冬の三日月は凛としてるが、夏の三日月は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チリ皆既日食2

今回の皆既日食は高度13度とやや低空。 おかげで地上とのコラボがしやすい。 普通ならこの高さはかなり雲が出て危険だが ラセレナは毎日快晴なので心配なかった。 我々の滞在したホテル(ドミトリー)の 屋上や廊下からも見えたから、お気楽観測。 すぐ近くの海岸にはラセレナのシンボルとも いえるモニュメント塔がある。 この海岸…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チリ皆既日食

チリの皆既日食に行ってきた。 観測地はチリ第二の都市、ラ・セレナという街。 当日は超快晴で、ホテルにいながらのお気楽観測。 我々は毎度、着いてから観測場所を調べる。 今回、運良くホテルの屋上やベランダから 観測できるのがわかったから移動は考えなかった。 多くのツアーは街から1時間ほどの ビクーニャという山の街で観測するとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 ストロベリームーン

本日17時半頃が満月だった。 でも結構雲が多く、 まともに見られたのは22時過ぎ。 ストロベリームーンなのでちょいと色足し。 これはネイティブアメリカンの人がイチゴが熟す頃なのでそう呼んだという。 でもいい響きの名前で、最近知られだした。 調べると、毎月呼び名があるという。 1月: Wolf Moon(狼が遠吠えを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストロベリームーンと木星

梅雨の晴れ間は貴重。 そんな空には満月前の月と、木星が接近。 満月は明日の夕暮れなので18時間前になる。 そして木星との接近は朝4時頃、2・0°だが、 その時間は明るくなってるし沈みかけている。 23時頃南中で、高度は33度になる。 まだ両者は3・0°あるけど、許してもらおう。 500mmのなかにうまく収まる。 木星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月齢10

なんだか久しぶりに青空を見た気がする。 夜になっても快晴の空。 月齢10の月が眩しく西に傾く。 これは撮ってみたくなる空。 月はおとめ座にあるが、 すでに西に消えかかっている。 それでもアルクトゥルスがくっきりわかる。 こんな街明かりにもめげず、 うしかい座にかんむり座、 かみのけ座も電線にかかりながらも わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木曽と野辺山

天文の取材で木曽と野辺山へ。 木曽観測所には世界でも珍しい 105cmシュミット望遠鏡がある。 これは写真でしか見たことがなかったので、取材について行った。 初めて出会い感激。 銀塩時代はすっきりしたフォルムだったがデジタルになって装置がつき出し 最新のCMOS”巴御前”がついてデコ模様。 やはり1m口径は迫力がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

illyライブ

illyさんのライブに行ってきた。 シンガーソングライターのillyさんは 星好きでもあり「ポラリス」という歌もある。 星好きという関係で知り合い 月刊 「星ナビ」でも来月号で紹介することになった。 さらには星ナビ監修でCDもでることになったという。 その記念もあってライブが開かれた。 CDでは聴いていたが実際に生で見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IAUシンポジウム

IAU100年記念シンポジウムに行ってきた。 IAUとは国際天文学連合のことで 今からちょうど100年前の1919年に ベルギー、フランス、アメリカ、日本など主要国8カ国で発足、 天文学の発展を促進する国際会議のこと。 その100年周年ということで上野の科学博物館の講堂で開催された。 平日にもかかわらず満席になっていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more