「ランボー ラスト・ブラッド」

「ランボー ラスト・ブラッド」 これはすごい。 ランボーシリーズ5作目にしてこう来たか。 ジョン・ランボーは1966年、18歳で米陸軍に入隊。 3年後の1969年にはグリーンベレーの一員となった。 ベトナムの最前線で戦い、捕虜収容所で過酷な拷問に耐えている。 ようやく帰り着いた祖国はランボーに冷淡で、 それどこ…
コメント:0

続きを読むread more

明けのISS

丑三つ時も快晴。 そんな北の空にISSが飛ぶ。 今夜は北極星をかすめていくから見もの。 時間通りに西の方に眩しい光が現れる。 もう少しで北極星に重なるほど。 いつにも増して空の状態がいいから軌跡もくっきり。 街明かりにもめげず北極星を中心に なんとか星座がわかる程度に描く。 夏至を過ぎたばかりなので すでに薄明…
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間

久しぶりの梅雨の晴れ間。 ふと見ると、春の大曲線が見える。 これは北斗七星のカーブから うしかい座アルクトゥールスと おとめ座スピカを結ぶ曲線。 その先にはからす座がある。 今夜はスピカのそばに月があり賑やか。 ちょうど雲が鯉のような格好で 月齢7・3の 月を食んでる。 その月のそばにはおとめ座のポリマが接近。…
コメント:0

続きを読むread more

「ワールドエンド」

「ワールドエンド」 イオンシネマ大宮で観る。 ここにきたのは久しぶりだが、このご時世でガラガラ。 それでも消毒検温としっかりしてる。 この作品はロシア映画なのか、 メジャーなところでは上映していない。 都内では渋谷くらいでしかやっていない。 ロシアのSF作品とくれば最近富におもしろい。 近く「アンチグラビティ」と…
コメント:0

続きを読むread more

部分日食

21日夏至の日、 本来なら台湾や中東で細ーい金環日食が 見えるのだが、この状況では行けない。 でも日本でも部分日食が見える。 といっても、関東はあいにくの曇り空。 少し遠征してみたが雲が取れない。 太陽は見えるが雲の方が勝る。 雲越しに太陽を捉えるが滲んでいる。 それでも最大食近くになんとか形は見えた。 そうい…
コメント:0

続きを読むread more

「デッド・ドント・ダイ」

「デッド・ドント・ダイ」 いろいろステップ解除されると、 映画館のこの間まであった席のテープもなくなって 普通に座れるようになっていた。 ただ、指定は少し開けて埋まっていることになっている。  ジム・ジャームッシュの作品でゾンビとくれば見逃せない。 マニアにはおもしろい。 怖いゾンビ映画を期待すると肩透かしを食うか…
コメント:0

続きを読むread more

「ハリエット」

「ハリエット」 思ったよりもおとなしい作品だった。 アメリカにこういう人物がいたのは知らなかった。 またまた19世紀半ば、そう南北戦争の頃の話。 先の「ストーリーオブマイライフ」の時代とほとんど同じ頃。 あちらは北部のマサチューセッツ州でわりと裕福な家庭の話だが こちらは北部農場の奴隷。 舞台になるメリーランド州は…
コメント:0

続きを読むread more

みどり

梅雨の晴れ間。 雷雨のせいか夜中は気持ちのいい晴空。 南の方に木星と土星が輝き 東に火星も徐々に明るくなっている。 300mmでもガリレオ衛星が3つわかり 土星のタイタンも写っている。 天頂は夏の星座がある。 街明かりで夏の大三角くらいしかい見えないが この時期には珍しくヌケがいい。 その、こと座のベガに人…
コメント:0

続きを読むread more

「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」

「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」 初日に観る。 3月にSONYの試写会があったのに、 コロナ騒動で中止になってしまった。 映画の公開も順延になってしまい、初夏になると言われてたが 6月12日に公開となった。 アカデミー賞にもノミされたからにはいち早く観なくては。 初日ということもあって混んでい…
コメント:1

続きを読むread more

「サーホー」

「サーホー」 もう終わったかなと思っていたが 映画館の自粛で、2ヶ月がなかったことになっている。 おかげで3月公開作品がそのまま上映されてる、 おかげでこの作品が観られた。 だが、映画館が大変なことになっている。 映画館によって席間隔が違うようだが ムービックスはとんでもなく空けている。 5席に一人の間隔らし…
コメント:0

続きを読むread more

毎日新聞池上さん

今週の毎日新聞朝刊 くらしナビの「教えて池上さん」 コロナ禍の話題しかないが 100年前のスペイン風の教訓を学ぼう、というもの。 それによれば、感染を抑えたとなって 皆がそとにでたところ、第二波が来たという。 マスクの義務化をしたら感染が抑えられたというし 隔離をすることでも感染を抑えたという。 だから今のや…
コメント:0

続きを読むread more

月木土

梅雨入り間近の貴重な晴夜、 満月を過ぎた月が煌々と輝く。 でも薄雲の中にある。 そんな月のそばに木星が輝く。 ガリレオ4星も確認できる。 さらに土星もある。 今夜は三者が接近中。 ちょうど、いて座にあるから 暗い地域なら銀河さえ見えるはず。 街中でもいて座のティーポットはわかる。
コメント:0

続きを読むread more

金星太陽面通過

16年前の本日2004年6月8日、 金星の太陽面通過という現象が起こった。 地球から見て金星が太陽を横切る現象で とんでもなく激レアもの。 日食よりも珍しい。 これは金星による金環日食ともいえるし 系外惑星を見つけるトランジット法を体感できるもの。 金星は大きいので、太陽面に黒い影が くっきり浮かんで見えるの…
コメント:0

続きを読むread more

「ナイチンゲール」

「ナイチンゲール」 6月1日にようやく緊急事態宣言が解除され 映画館も再開した。 2ヶ月ぶりの映画になる。 むちゃ長く感じた。 しかし、解禁といっても、3密を避けるため 指定席も前後左右あけるので、100人キャパなら20人程度で満席になる。 事前の案内でも三角マークになっているから 少し入れば、残りはわずかという…
コメント:0

続きを読むread more

部分半影月食満月

曇っていると思ったら薄雲ながら晴れている。 満月直前の月が滲んで見える。 本日の満月は4時頃で、半影月食になる。 半影月食は地球の影の本影ではなく その周りを取り囲んでいる薄い影のなかに 満月が入ること。 今回はすっぽり入るのではなく、 半分くらいしか入らない。 つまり部分半影月食というところ。 深い半影月食…
コメント:0

続きを読むread more

星ナビ7月号

「星ナビ」7月号発売! 今月の特集は「おうちで天文」 このご時世で、天文ファンは不安もあって遠出ができない。 そこで家やご近所で天文観測をしようというもの。 こちらは以前から「おうち天文」をしているので それを書いてくださいという依頼があった。 いつもやってることなので、特に書くこともないと思ったが 書き出したらい…
コメント:0

続きを読むread more

ISS

曇り空が夕方から晴れ間になった でもかなり雲が出てきた。 そんな中をISSが飛ぶ。 なんといってもいまISSには クルードラゴンがドッキングしている。 そう思うと感慨深い。 おまけに今夜は−3等の明るさなので月に次いで明るい。 ISSは雲をものともしないで しし座からおとめ座を通過し月の近くに消えた。 その…
コメント:0

続きを読むread more

上弦

曇り空と思っていたら意外に腫れてる。 西に傾いた上弦の月が眩しい。 しかしよく見るともやっている。 薄雲の中に月があるから、シャープさはない。 明日から雨模様なので 来週までこういう天気はなさそう。
コメント:0

続きを読むread more