激レア接近

0D18.jpgDSC08304.jpgDSC08291.jpg

木星と土星、世紀の大接近の日。
その間隔はわずか0・1度、
これは月の直径の1/5ほど。
木星のガリレオ衛星が左右に並び
やぎ座の7等星も参入でバランスがいい。
土星のタイタンもしっかりわかる。
肉眼では一つにしか見えないが、よく見るとある。
双眼鏡ならはっきりわかる。
地球から木星まではいま約6億キロ
土星までは約11億キロ、それが同じ方向にある。
木星と土星は公転周期の関係から
ほぼ20年ごとに接近するが
ニアミスになるのは60年ごと。
その中でも0・1度というような
劇レアさんは約400年ぶりという。
前回は1623年7月で
徳川家光が代3代将軍になった頃。
でもこの時はかなり低空で夏至の頃の日没直後、
いくら高い建物がなくとも、まず見えなかったと思う。
その前は14世紀半ば室町時代に0・4度まで接近してる。
この木土超接近現象はクリスマスツリーのてっぺんにある
ベツレヘムの星ではないかと言われている。
それは紀元前7年5月にあった木星土星の連続超接近。
でもこの時の間隔は1度ほどだった。
12月27日、木土星間隔は1・5度ほどになり
ここに月齢6の月が集まって、西の低空はかなり
賑やかな空になるから目立っただろう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント