「グラスハウス」  2001

グラス0ハウス.jpg

「グラスハウス」
2002年公開されたが観ていない。
気にも留めなかったが、ダイアン・レインと
ステラン・スカルスファルドがでてるとあって気になった。
すごい組み合わせ。
主演はリリー・ソビエスキーで「ディープインパクト」で
イライジャ・ウッドの彼女を演じてた。
Jデップ「パブリックエネミー」にも出てるらしいが印象にない。
その彼女がまだ初々しい20年前の作品。
主人公のJKと同じような年頃、でも大人の雰囲気がある。
突如両親を事故で亡くした姉弟。
後継人という、元隣人のグラス夫妻に引き取られる。
タイトルが「グラスハウス」なので、
このグラス家のことも指すが、ガラス張りの豪邸のことも指す。
崖の上に立つ近代的な豪邸はどこもガラス張りで
どこからも見えそうな作り。
この物語の核心もガラスのように見え出す。
グラス夫妻がダイアン・レインとステラン・スカルスガルド。
二人とも若い。
しかし、ステラン・スカルスガルドは見るからに怪しい。
ここはもっと平凡な男にしたほうがよかったかも。
例えば「トランスポーター2」のマシュー・モディーンなどが適役。
ダイアン・レインも派手すぎて、何か怪しい。
グラスは会社社長なのだが、多額の借金をしているようなことがわかる。
姉弟には優しいのだが、徐々に真相がわかっていく。
前半まで献身的に姉弟を見守るような優しさがあり
後半のギャップと違うのがミソ。
このグラス夫妻の秘密が徐々に露わになっていく。
夫妻には子供が二人いたようで、事故か何かで失っていそうな雰囲気。
この辺りももう少し前面に出てくるとよかったかも。
反抗期のルビーがどんどん冴えていくのが頼もしいが、
弟が能天気なところも可愛い。
スリラーではなくサスペンスと言えるのか。
アメリカの高校では課外授業で車の運転もあるのがおもしろい。
「グラスハウス2」も作られたようだが、
これはDVDスルーになっている。







グラス.jpg


あらすじネタバレ





















JKのルビー・ベイカーは、
両親の目を盗んで
毎日のように友達と深夜まで遊びまわっていた。
いつものように夜中帰宅すると家の前にパトカーが止まっていた。
家出と騒がれたのだと思ったルビー。
両親が事故で死んだという知らせで、気を失う。
孤児となったルビーと弟レット。
葬儀の時、挨拶でレットが言葉を詰まらせると
かつての隣人グラス夫妻が助ける。
また疎遠だった母方の叔父ジャックにも声をかけられる。
 遺言書を作ったベグレイター弁護士から、
グラス夫妻が後見人だと告げられる。
ふたりは海辺の町にあるグラス夫妻のガラス張りの
豪邸で暮らすことになる。
会社を経営するテリーと医者のエリンの広い家の中だが
ルビーはレットと同じ部屋で暮らすことになった。
さらに公立高に転校させられる。
学校ではなかなか友達と馴染めないし
運転課外授業もおぼつかない。
眠れないため、プールで泳いでいるとテリーに見られる。
映画を観に行こうと誘われるが、車の中で性的な目で見られる。
帰ってくると、エリンが注射で眠っている。
エリンは糖尿病のインスリン注射だという。
ルビーはベグレイターに助けを求める。
ベイカー夫妻には資産が多くあると言われ
その額は400万ドルだという。
ところが、なぜかベグレイター弁護士がルビーの行動を知っていた。
学校の帰り、家政婦が迎えに来ないのでテリーの会社に行く。
そこではテリーが借金返済で何者かに脅されていた。
その会社の倉庫で事故で大破したはずの両親の車を見かける。
ネットで当時の事故を調べると、事故ったのはBMWだった。
疑問に思ったルビーはメールでベグレイターに調査を頼む。
そして福祉局員が抜き打ち調査にやってくる。
ところが知らない間に二人の部屋になっており、
糖尿病の薬以外は見つからなかった。
そのとき、ツビーはゴミ箱に自分たちの学費が使い込まれている書類や
母の弟ジャックからの手紙を見つける。
ベグレイター弁護士から、両親が死んだ時に乗っていた車は
テリーの会社のものだと教えられたルビー。
そして、テリーは多額の借金を背負っていて、
ルビーたちに残された遺産を返済に使っていた。
不安を感じたルビーは、深夜テリーの車の鍵を盗み
レットと逃げ出す。
しかし追ってきたグラス夫妻に連れ戻されてしまう。
車の中で、両親を殺したのはあなただと言い張る。
疑惑を持たれたテリーは遺産を勝手に使えなくなり、
病院の薬を盗んでいたエリンは医師免許を剥奪され、自殺する。
逃げ出そうとしたルビーとレットは地下室に閉じ込められる。
しかし、なぜかテリーは車をガレージから出し、
酒を飲んで寝てしまう。
レットが隙間から抜け出し、二人はテリーの車で逃げ出そうとする。
そんなとき、ベグレイターが訪ねてくる。
姉弟が施設に送られないようにルビーとのやり取りを教えていたが、
間違いだったと言い放つ。
そんなとき、取り立てに来たサラ金業者がテリーに迫る。
関係ないと帰るベグレイターが殺される。
息を殺して見るルビー。
男らはテリーを連れて帰っていくが、
テリーは自分の車に乗るのは嫌だという。
他の車で行こうとするがパンクしていた。
パンクさせたのはルビーだった。
2台の車で帰っていくが、テリーの車のブレーキオイルが漏れており
1台がトラックに衝突し、テリーの車は崖から落ちる。
テリーはルビーが車で逃げ出し、事故るのを計画していたのだった。
屋敷を出て歩いていたルビーとレットはパトカーに拾われ、
事故現場を通りかかる。
ガードレールが壊れている現場に来た警官は崖下の事故車を見つける。
そこに降りた警官は生きていたテリーに襲われる。
テリーは傷だらけながら崖を這い上がり
銃を隠し持ってルビーとレットが乗るパトカーに近づく。
ルビーはパトカーで逃げようとするが、一転テリーを跳ね飛ばす。
ルビーとレットは叔父ジャックと一緒に両親の墓を見つめる。



監督:ダニエル・ザックファイム

ルビー・ベイカー(リーリー・ソビエスキー)
エリン・グラス(ダイアン・レイン)
テリー・グラス(ステラン・スカルスガルド)
アルビン・ベグレイター(ブルース・ダーン)
ナンシー・ライアン(キャシー・ベイカー)
レット・ベイカー(トレヴァー・モーガン)
ジャック叔父さん(クリス・ノース)
グレイス・ベイカー(リタ・ウィルソン)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント