ブラックパンサー死す

チャドイッ0クボーズマン.jpg

「ブラックパンサー」の
チャドウイック・ボーズマンが亡くなった。
まだ43歳と若い。
大腸ガンだった。
13年「42」で注目され
その後多くの映画に抜擢された。
これは初めての黒人メジャーリーガー
ジャッキー・ロビンソンを描いたもので
差別の中、実力で存在を認めさせ
「42」は永久欠番にもなっている。
ハリソン・フォードがGMで存在感示していた。
さらには14年「ジェームス・ブラウン」も演じ、
逆境から立ち上がる様が似合う俳優になった。
そして「ブラックパンサー」では
アカデミー賞にもノミネートされるほど
人間味のある主人公を演じた。
当然「アベンジャーズ」でも重要人物だった。
一旦サノスの指ぱっちんで消えてしまうが復活。
最先端国ワカンダ王国が世界を救うことになる。
「ブラックパンサー」の続編もあると聞いたが
それはどうなるのだろう。
スパイク・リーの「ファイブブラッズ」が
最後の作品になるのか。
パンサー.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント