名古屋飯

FullSizeRender-3 のコピー.jpgFullSizeRender (2) のコピー.jpgFullSizeRender (1) のコピー.jpg
一泊名古屋取材。
地方取材は久しぶりなので終わってから編集部と一杯。
ちょうどホテルの近くに「風来坊」があった。
ここは知る人ぞ知る名古屋飯手羽先のお店。
いまは「世界の山ちゃん」がメジャーだが
こちらが元祖で、ここをマネしたのが山ちゃんらしい。
山ちゃんは東京にもあるので、改めて行く必要はない。
元祖の手羽先は、山ちゃんとは微妙に味が違う。
ついでに海老フライ、
こちらにくれば”海老ふりゃー”と言わねばならないがね。
入った時はガラガラだったが、
あっというまに満席になる人気店。
だから2時間で追い出される。
翌日は取材が終わって、少しの用事を済ませ
地元友人とまた一杯。
軽く「どて」を食べる。
名古屋の「どて焼き」や「どて煮」も有名。
これは赤味噌に具材を突っ込んだもので
茶系の食べ物でおでんや肉など入ったもの、
たまたま串揚げを味噌の中に入れる「海老どて」があった。
大阪の串焼きが味噌ダレになったもの。
味噌の中にタマゴを溶いて煮込むから、独特のまろやかさになる。
普段食べないフライもの三昧。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント