「ゾンビランド:ダブルタップ」

ゾンビラ0ンド2.jpg

「ゾンビランド:ダブルタップ」
久しぶりにSONY試写会に行く。
面白いが、前作ほどの魅力はない。
ただスケールアップしたのは楽しい。
10年前に衝撃的なゾンビ映画としてぶっ飛んだ。
コメディセンスがあったり、妙に映画のことが出てきたりと
マニア受けする面白さがあった。
まだまだゾンビもいろいろ展開がある。
ウディ・ハレルソンとジェシー・アイゼンバーグの
掛け合いが楽しい。
そこに妙な姉妹が現れる。
少しメジャーになっていたアビゲイル・ブレスリンと
まだ無名っぽいエマ・ストーンだった。
その後、二人ともスターになって
エマ・ストーンはアカデミー賞にも輝く。
こんどは4大スター共演ということになった。
10年間もゾンビ世界で生き残っていた4人。
もっともめてたり、傷負ってたり、
進展してるかと思っていたが以外にも普通。
10年経っても変わっていないのはやや残念。
もっと変化があってよかった。
そう、離れ離れになってるとかね。
そして再開的な導入部になっていると、展開がおもしろい。
それを察してか、早々に別れることになる。
 コロンバス (ジェシー・アイゼンバーグ)が突然
ウィチタ( エマ・ストーン)にプロポーズ。
これには戸惑うウイチタ。
そして父親ズラするタラハシー (ウディ・ハレルソン)に
対して反発するリトルロック (アビゲイル・ブレスリン)、
二人は飛び出してしまう。
そこに現れたのがマディソン (ゾーイ・ドゥイッチ)という
やや頭のネジが弱そうな女の子。
なぜか彼女はアイスクリーム屋の冷凍庫で
一人生き延びていたようだ。
一体どうやって生きてきたのかだが、
お気楽モードだと意外にこの世界は生き延びるのかもしれない。
現にこの4人もそういう感じだ。
それにしては小綺麗。
こういうところがやや甘い演出になる。
この人どこかで見たなと思ったら
「ひとりぼっちのサリンジャー」で
サリンジャーの妻になるウーナだった。
あの時はシリアスな面があったが、今回はおバカ丸出し。
ゾンビ化するシーンは受ける。
ゾンビランドになった世界は自由だ。
誰も文句を言う人はいないし、縛りもない。
堅苦しい社会は無くなって、自由気まま。
これならゾンビがいても、
ライオンやトラがいる程度に思っていれば、
意外に快適な世界かもしれない。
そんな雰囲気がこの映画にはある。
それが、コロニーになると、社会になる。
ここのリーダーにだれかメジャーな人が欲しかったかな。
ルールに縛られないで生きてきたタラハシーには我慢がならない。
たしかにそうなる。
このギャップがこの映画の魅力かもしれない。
監督が前作についでのルーベン・フライシャーなので
おなじみの映画ネタがある。
ちょっとタランティーノにも似るセンスかな。
「ターミネーター」のT800がでたり、エルビスネタもある。
ここにロザリオ・ドーソンが出てくるのは豪勢。
全体にゆるい感じなのがもったいない。
 前作で妙な出演をしていたビル・マーレイが
またまた登場するのがおまけで楽しい。
11月22日公開。

















 ゾンビ.jpg


あらすじネタバレ






















ゾンビウィルスによりゾンビ蔓延世界になったアメリカ。
その中で、引きこもりの大学生のコロンバスは、
2010年から「生き残る為の32のルール」を実践して生き残っていた。
偶然仲間となった3人とともに10年経っていた。
なぜか生き残るルールは73にまで増えていた。
そして彼らはゾンビの見分け方もわかるプロになっていた。
彼らがたどり着いたのはワシントンDCのホワイトハウス。
コロンバスは、ウィチタに指輪をあげプロポーズする。
タラハシーはリトルロックに銀の銃をプレゼントするが
親のように指図する。
これには二人ともうんざりして出て行く。
1ヶ月後、
コロンバスはモールを探索中、
アイスクリーム屋でマジソンという女の子を見つける。
彼女はフリーザーの中で暮らしていたという。
傷心のコロンバスと男に飢えていたマジソンはベッドを共にする。
そんなとき、ウイチタが戻ってきた。
なんと道中、リトルロックが知り合ったミュージシャン男と
何処かへ行ってしまったという。
そしてコロンバスに女がいることを不快に思う。
タラハシーによればリトルロックは
大好きなグレイスランドに行ったという。
4人はミニバンでリトルロックを探しに旅立つ。
ミニバンでは頼りないため、そこにあったバスで向かうことにする。
本当はアイスクリーム屋のトラックが良かったが
なぜかコロンバスが拒否する。
そんなとき、ゾンビが襲ってきた。
全員殺してしまうが、その中に死なないゾンビがいた。
ゾンビも進化して「スーパーゾンビ」になったやつだった。
コロンバスは「ターミネーター」の「Tー800」という
ニックネームをスーパーゾンビにつける。
なんとか退治して、バスで再出発するがパンク。
やむなく、またミニバンで出かけるが、途中でマジソンがゾンビ化する。
コロンバスが森で射殺する。
グレイスランドには壊れたエルビス邸しかなかったが
その先のモーテルに灯りがともり、
リトルロックの乗ったリムジンもあった。
無人と思われたモーテルにはネバダという女性がいた。
彼女によればリトルロックは車を乗り換え”バビロン”に向かったという。
翌朝、リムジンを破壊するモンスタートラックがやってくる。
それに乗っていたのはタラハシーとコロンバスによく似た二人だった。
しかし、そこにスーパーゾンビが襲ってきて二人は感染。
襲いかかる二人を撃ち殺す。
モンスタートラックで出かけようとするが、タラハシーには運転できない。
やむなく、またミニバンで向かう。
すると前にアイスクリーム屋のトラックが走っていた。
なんと乗っているのはマジソンだった。
コロンバスは彼女を殺すことができなかったのだ。
じつはマジソンがゾンビ化したと思われたのは
ピーナツアレルギーのせいだった。
 4人は丸い塔がある”バビロン”に着く。
そこはヒッピーみたいな連中が集まったコロニーで
高いフェンスで囲まれた城。
だが、中に入るには銃などは溶かすことになっていた。
リトルロックに再会する。
タラハシーはここには馴染めなく、一人で離れることにした。
夜の道を走っているとき、バビロンで花火が上がるのを見る。
そしてそれに反応して多くのスーパーゾンビがやってくるのを見る。
慌てて戻ったタラハシーは迎え撃つように告げる。
しかし武器になるようなものはない。
やむなくガソリンタンクでゾンビを焼くことにする。
しかしゾンビの数はあまりに多く、
火もものともせず壁を乗り越えてきた。
タラハシーらが囲まれ、もう終わりかと思われたとき
モンスタートラックがゾンビたちを蹴散らす。
ネバダがやってきた。
だがトラックが横転し、塔てっぺんに追い詰められる。
そのとき、タラハシーが自らを犠牲にして
ゾンビらとともに塔からジャンプする。
タラハシーはクレーンに捕まり、ゾンビは次々に落ちていく。
だが一匹がタラハシーに食らいつく。
そのとき銃でゾンビが撃たれた。
撃ったのはリトルロック。
銃はタラハシーが贈ったものだった。
「プレゼントだから溶かさなかったの」
騒ぎが落ち着いた後、コロンバスはウィチタに求婚する。
マジソンはリトルロックの元カレとネバダと共に残るという。
コロンバスら4人はバビロンを去る。
エンドロール
前作で殺されたビル・マーレイが出てくる。


監督:ルーベン・フライシャー

タラハシー (ウディ・ハレルソン)
コロンバス (ジェシー・アイゼンバーグ)
ウィチタ( エマ・ストーン)
リトルロック (アビゲイル・ブレスリン)
ネバダ ( ロザリオ・ドーソン)
マディソン (ゾーイ・ドゥイッチ)
アルバカーキ (ルーク・ウィルソン)
フラッグスタッフ (トーマス・ミドルデッチ)
ビル・マーレイ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント