三鷹星と宇宙の日

「三鷹星と宇宙の日」に行ってきた。 昨日のプレは大雨で中止になったという。 たしかに芝グラウンドの真ん中に プールができていた。 芝も湿っぽいが、からりと晴れたため気持ちがいい。 そんな会場には大勢の人が集まっている。 今回は、すばる20年ということで それにちなんだ講座もあった。 すばるとアルマの系外惑星の最前…
コメント:0

続きを読むread more

「マレフィセント2」

「マレフィセント2」 思ったより見応えがあった。 「マレフィセント」がこうも進化するとは思わなかった。 前作「マレフィセント」は正直あまり覚えていない。 あまりにアンジェリーナ・ジョリーのキャラが強烈で ストーリーも頭に入ってこなかった。 可愛いオーロラ姫(エル・ファニング)も霞んでしまうほど。 おなじみディズニーの「…
コメント:0

続きを読むread more

荏柄天神絵筆塚祭

10月20日に鎌倉の荏柄天神で 恒例の絵筆塚祭が行われた。 本当は13日だったが台風のため延期になった。 当日は行けなかったが、盛況だったらしい。 そこで100人の漫画家による絵行灯も 参道に飾られた。 私も9月に納入した。 ちょうどその時、 棚橋がロンドンでブリティッシュヘビーを ザックから奪還した。 それ…
コメント:0

続きを読むread more

ミラ

クジラが動悸息切れしてる。 そんな時には救心。 そろそろ、くじら座ο星のミラが極大を迎える。 ミラは脈動型変光星の代表格で、 名前はラテン語のミラ(不思議)からきている。 秋の星座物語で、エチオピアのアンドロメダ姫を 食らおうとしたのが、この化けクジラ。 ペルセウスの持つメドゥサの目で 石にされてしまった。 その化…
コメント:0

続きを読むread more

ミラ天王星ベスタ

雨上がりの夜空は快晴。 湿っぽいが、久しぶりに晴れた夜空を見た。 この日、皇室では華やかな行事が行われた。 秋の夜空でも地味な現象が起こっている。 今月の下旬から来月初めにかけて気になる星々が輝く。 暗い場所ならはっきりと分かるだろうが 街中でもそれがわかった。 おうし座のそばで、小惑星のベスタと天王星が接近してる…
コメント:0

続きを読むread more

うさぎ座R

いま、うさぎの目が赤い。 10月初めに、うさぎ座Rが極大を迎えた。 といってもなんのこと? 冬の星座の代表格、オリオン座のすぐ下にあるのがうさぎ座。 目立たない星座だが、狩人オリオンの獲物ともいわれる。 小さいけれど、耳の長いうさぎの姿がわかる星座。 うさぎの頭の先に、妙に赤い星がある。 でも肉眼では見えない。 …
コメント:0

続きを読むread more

「ゾンビランド2」試写案内

「ゾンビランド2」の試写案内が来た。 しばらくSONYからの案内がなかったのでうれしい。 これは楽しみ。 前作があまりに面白くて ゾンビ映画もまだまだあるな、と感激。 前作は09年だったので、もう10年経ったのか。 数年前くらいと思っていた。 主演の4人もすっかりメジャーになってる。 ウディ・ハレルソンはともかく …
コメント:0

続きを読むread more

「ジョン・ウイック:チャプター3 パラベラム」

「ジョン・ウイック:パラベラム」 今回もすごい。 呆れるほどの殺しの美しさ。 前作まで「チャプター」となっていたが 今回は「ジョン・ウイック:チャプター3 パラベラム」。 「パラベラム」ってなんだ? パラベラム弾という殺傷能力の高い銃弾があるが 映画の中では「戦いの始まり」とも言っていた。 ともかくすごいの一言。 …
コメント:0

続きを読むread more

世相漫画展

共同通信の「世相漫画展」が開催されている。 10月いっぱいまで汐留メディアタワーで。 その開催パーティがあった。 共同通信で一コマ漫画を描いている 漫画家が紹介される。 皆さんよく知ってる人なので、 また1年ぶりですねという感じ。 今回は毎日新聞でやってる漫画家にも会う。 お互い名前と作品は知ってるが こうして会…
コメント:0

続きを読むread more

「ジョーカー」

「ジョーカー」 日比谷TOHOで観る。 アチこちでやってるが、ここは日比谷のスクリーン1がいい。 ここは観やすく音響も良い。 驚きの傑作。 ラストは鳥肌が立つ。 「バットマン」の宿敵である「ジョーカー」誕生の物語。 当然、バットマンのブルース・ウエインとの関係も気になる。 それがしっかり描けてる。 「バットマン」で…
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル7

ウランバートルで宿泊したのはウランバートルホテルという老舗。 すぐそばがスフバートル広場。 夏にもここで撮影したので、また行ってみる。 ところが時間が早かったせいか、施設が明るい。 衛兵もいる。 それに見つかって、即退去させられた。 ここは夜中に行くトコだ。 街はやはり明るく、星は写しようがない、 諦めていたら、ゴビ…
コメント:0

続きを読むread more

「プライベート・ウォー」

「プライベート・ウォー」 シャンテで観る。 これは心打つ衝撃の作品。 ジャーナリストは何かを鋭く問う。 この作品は夏に乗ったエミレーツの機内でやっていた。 英語版だったがオープニングから惹きつけられた。 でも小さな画面で見るのはもったいないと思い、劇場公開を待つ。 それがこれ。 ロザムンド・パイクがいい。 ちょうど…
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル6

調査でゴビにも行く。 当日朝は小雪が舞っていた。 モンゴルはもう冬。 ゴビといっても砂漠の方までは 時間的にいけないのでマンダルゴビ周辺に。 世界遺産にもなっている風景はみもの。 そこのゲルキャンプに滞在するはずが、誰もいない・・・ やむなく近くの村にある軍の施設に泊まる。 近くといって3時間あったけど・・・ これ…
コメント:0

続きを読むread more

「アド・アストラ」

「アド・アストラ」 ブラピ主演でSFとあれば観ない選択はない。 しかし急な出張や仕事で観る時間がなく ようやく終映近くになって鑑賞。 ううむ。 思っていたよりも地味だった。 たしかにリアルなスペースものは面白みはない。 正直、ブラピでなくともいい感じだが ブラピでないと、この作品はもたない。 憂いを帯びて孤独な気持…
コメント:2

続きを読むread more

モンゴル5

モンゴルに何度も行ってるが知らなかった。 なんと、毎月1の日は禁酒デーだった。 マルエツなら1の日はサービスディだが それとは違う。 昔、酒が原因で事件があったことから こういう日をもうけたという。 10月1日の夕食会で 最初、冗談だと思って、 「じゃあビール」と言ったら 「今日はダメです」 本当に禁酒の日で、 …
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル4

今回、ウランバートルで生活していた。 いつもはゲルtoゲルなので街には寄らない。 昨年10年ぶりで街に行ったくらい。 人口300万人のモンゴル国民の半数が 首都ウランバートルに集中している。 そしてほぼ全員が車で動いているので ありえない渋滞が起こる。 一応ナンバーで侵入車を制限してるが それでも渋滞になる。 だい…
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル3

帰国したら消費税が10%になっていた。 モンゴルも10%だった。 モンゴルのお金Tg(ツグルグ)は日本の25分の1。 10000Tgは400円ほどになる。 5人で立派なレストランでビール飲んで つまみ取ってもひとり800円ほど。 まさにせんべろだが、向こうにとっては高い。 日本に置き換えれば3−4000円感覚になる。 …
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル2

このプロジェクトは 馬の調査も兼ねている。 そこでアンテナをウエストベルトに巻いて 2時間ほど駈けまわる。 他のメンバーは馬に乗りそうもないので しかたないなあ、と喜んで走る。 昨年は骨折で乗馬できなかったから 数年ぶりの乗馬だが、けっこういける。 ガイド役の少年も自分より速く走るから驚いていた。 彼もいつもは観光…
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル1

昨年に引き続きまたモンゴルに行ってきた。 急きょ行くことになったので慌ただしい。 大体内容もよくわからない。 昨年は星旅の下見だったが 今回は全く毛色の違うもの。 詳しい内容は書けないが、 モンゴルでとあるプロジェクトに関わる。 なぜかモンゴル側から招待を受けた。 なんで漫画家の自分が? 多分、モンゴルに10回…
コメント:0

続きを読むread more