「T−34」

T3400.jpg

「T−34」
バルト9で観る。
じつはこの映画は友人から試写会の知らせが来たものだが
仕事で行けそうもなかったし、一般試写では面白くない。
そこで公開してから行くことにした。
これはすごい映画。
やっぱり面白い傑作。
ロシア映画は最近エンタメ路線になっている。
重厚な映画が多かったように思えるが
近年はVFXも採用され新しい作品が多い。
傑作「オーガスタウオーズ」に代表される
新しい戦争映画も多い。
そして本格的戦争映画でエンタメしてる傑作が誕生した。
「Tー34」はソ連時代を象徴する高性能戦車。
それが主演というのがすごい。
CGをふんだんに使って、西部劇のよう。
また「マトリクス」を思わせるような構成になっている。
本物の戦車を使っての戦いはド迫力。
家を破壊したり車を押しつぶしたりの暴れっぷり、
戦車の性能を遺憾なく見せつけてくれる。
戦車は鈍重なものと思いがちだが、
実際の戦車は高速で走り小回りも効く。
高低差荒地など問題なく走るので、
下手な車や装甲車よりも性能はいい。
なにせ巨大砲塔を持っている。
まるでサイやカバのような凶暴さがある。
「Tー34」は30年代から開発されており
それまでのT26型を改良して高性能なものを開発した。
「T34」は技術者が命名したものらしく
その年が34年だったから、という。
後輪駆動で広いキャタピラ、軽量、
車体は傾斜装甲を用いている。
これは映画でも度々描かれるが
敵の砲弾がかすめていくように設計されているもの。
速度も普通道で55kmになる高速モード。
軽量になったことで動きも早く500馬力。
当初は砲台が76mmだったがのちに85mmになった。
映画の舞台は41年なので85mm砲。
45年までには5−6万両作られたという。
そのT34が活躍する。
本物だけに細かなとこまで描かれる。
特に、車内コックピットの様子が素晴らしい。
敵の砲弾が当たってかすめていくときの音がすごい。
耳が破れんばかりの金属音がリアル。
ペダルによる発射もよくわかる。
物語は意外なもので、まるでコミックのよう。
監督アレクセイ・シドロフは日本の漫画や
ハリウッドを研究しているようで、それが垣間見られる。
ロングとアップのカット多用とありえないショットもいい。
砲弾の軌跡はスローで描かれるから、まさに漫画。
でもそれが妙な緊張感を生む。
主人公のニコライになるアレクサンドル・ペトロフがいい。
ちょっとチャニング・テイタムに似ており、イキがいい。
敵対するドイツ大佐クラウスはヴィンツエンツ・キーファーといい
ニヒルな感じがドイツ的だ。
この二人の決闘になるのは映画的。
そして紅一点もいる。
二人の恋も絡めて見応え十分。
ラストは「眼下の敵」のようで感動する。
入場するときにWar Thunderのキラキラカードを配っていた。


T34カド.jpg






t34.jpg

あらすじネタバレ




















1280px-Char_T-34.jpg


1941年、
ドイツとソ連の最前線。
ニコライ・イヴシュキンは最前線基地に
食糧を運ぶために部下と共に雪の中を運転していた。
途中でニコライはモスクワまでの標識を切り倒す。
そこに、ドイツ軍の戦車が現れる。
ニコライは新米士官ながら戦車の機能を熟知しているようで、
まっすぐドイツ軍戦車に真正面から突っ込む。
砲撃する戦車の銃弾を間一髪のところでかわし。
そのあとも、4数える間に急に車を移動させ、砲弾を避け逃げる。
基地に着くと、人員不足もあってニコライは戦車の指揮官に任命される。
それは、住民や兵士が撤退する間、たった一台の戦車T34で
迫りくるナチスを村で食い止めることだった。
実戦経験のない若造士官に対し、
やる気のない3人の部下にも無理と言われるが、
戦車に精通し知識があると豪語するニコライは自信家だった。
村にドイツ軍戦車の大群が迫る。
その戦車の指揮をするのはクラウス・イェーガーという大佐だった。
クラウスは妙に静かな村の気配に戦車を止める。
ニコライは麦わら山の中にT34を隠し、戦車の横腹を狙っていた。
そして戦いが始まる。
動きの機敏なT34はパンター戦車を次々破壊する。
しかし圧倒的なドイツ軍戦車により仲間が犠牲になり、
ついにニコライらは捕虜となる。
3年後、
ナチス収容所。
反逆的で逃亡を繰り返すニコライは拷問を受け、処刑寸前だった。
そんなとき、赴任したクラウスは新型戦車パンターの
対戦試験を行うことを提案する。
そのためには仮想の敵戦車が必要だった。
そこで捕虜の中から戦車部隊の精鋭を選ぶことになる。
白羽の矢が立ったのはニコライだった。
しかし、断る。
だが通訳をしていた女性のアーニャが銃殺されそうになり、承諾する。
ニコライはかつての部下の、ステパン、デミアン、ステノフを選ぶ。
4人に与えられたのは旧式のT34だった。
それも車内にまだ死体が残るもので、実弾も与えられないという。
これではまさに死刑と同じだった。
ところが、戦車の中には死体の影に隠れ、砲弾が幾つか残っていた。
ニコライはせめて死体を埋葬したいという。
丘の上に埋葬するが、そこに砲弾も一緒に埋める。
4人はニコライの脱出計画に賛同し、整備に力を込めていく。
一方、囚われの身のアーニャは、ニコライに一緒に逃げたいと告げる。
大佐の持つ地図を盗み出す約束をし、当日を迎える。
クラウスらが望む監視塔からはT34の姿は見えない。
森には新型のパンターや砲撃陣が集結する。
ニコライは墓から6発の砲弾を掘り起こし、戦車に積む。
相手は砲弾がないものと油断している隙をついて、正面から脱出する計画。
オイルを燃やして煙幕を張り、姿を消すT34。
そして不意にパンターを攻撃する。
燃え上がったパンターを見て、クラウスらは仰天する。
さらにクラウスらのいる司令塔を攻撃。
その隙に正面を突破し脱出する。
途中で外出と偽り逃げ出したアーニャを拾う。
地図を見ると、チェコまで山一つだった。
ところがクラウスは道路を閉鎖しており攻撃される
森に逃げたT34は行方をくらます。
クラウスは上層部から失態を突かれ、
朝までに始末できないときは覚悟するように言われる。
空軍に要請し、空から捜索を続ける。
一行は湖で夜を明かしていたとき、戦車の気配を感じる。
愛を確かめ合ったニコライはアーニャに
単独で森を抜けるようにいい別れる。
急いで近くの村に入るが、そこも包囲されていた。
T34の動きと道路幅や建物の厚さを瞬時に読み取るニコライ。
道路という道路はパンターで包囲されていた。
そこでデミアンに手榴弾で1台を破壊するようにいう。
デミアンは負傷しながら破壊する。
そのときT34が動き、次々パンターを攻撃。
しかしクラウスの戦車が照準を決め、絶体絶命。
そのときパンターがクラウスの戦車を撃つ。
中に乗っていたのは負傷したデミアンだった。
ついにクラウスの戦車と橋の上で一騎打ちになる。
すんでのところで敵の砲弾をかわし、
体当たりをして橋から突き落とす。
そのとき、負傷したクラウスがニコライに手を差し出す。
握手して微笑むクラウスは、戦車と共に落ちていく。
動かなくなったT34を置いて、
負傷したデミアンをつれて徒歩で逃げる4人。
森を抜けた草原でアーニャと再会する。



監督:アレクセイ・シドロフ

ニコライ・イヴシュキン(アレクサンドル・ペトロフ)
アーニャ・ヤルツェヴァ(イリーナ・ストラシェンバウム)
クラウス・イェーガー(ヴィンツェンツ・キーファー)
ステパン・ヴァシリョノク(ヴィクトル・ドブロヌラボフ)
デミアン・ヴォルチョク(アントン・ボグダノフ)
イオノフ(ユーリイ・ボリソフ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント