「ハンターキラー」

画像
画像


「ハンターキラー」
これがすごい。
もう見せ場たっぷりで、手に汗握る展開。
こんなに面白い作品とは思わなかった。
潜水艦ものにハズレなし。
そういえば久しぶりの潜水艦ものだ。
潜水艦は閉じられた狭い環境なので、少しのことでも危機感を感じる。
昔は戦争映画で大活躍だが、近年は戦争という世界は限られる。
しかし、アメリカとロシアが舞台なので、緊張感たっぷりの世界になっている。
近未来だろう。
ロシアの海域でロシアの原潜とアメリカの原潜が遭遇。
ヴァレンツ海の氷の下で事件が勃発。
追跡していたアメリカ原潜のハンターキラー(ロサンゼルス級攻撃型原子力潜水艦)タンパベイが
ロシア潜水艦の爆発を感知する。
その直後にハンターキラーも被弾し爆発する。
そのど緊張のプロローグからもう釘付けになる。
冷戦ではない両国の関係だが、何かあればすぐに敵対国になる。
今は中国との関係がそれに近い。
 その調査にもう一つのハンターキラー(バージニア級原子力潜水艦)アーカンソーが出向く。
この艦長になるのがジェラルド・バトラーなので安心感がある。
大統領を救うし、地球まで救ったツワモノなので、この人がいれば安心する。
それがいいのか悪いのかはあるが、この作品では、こういう頼りになる人物が必要だ。
 面白いのはロシアのクーデターといいう設定。
ちょっとイージーな設定だが、軍事国家にはつきものの出来事かもしれない。
防衛大臣が弱気な外交手段のロシア大統領に腹を立て、ロシアの強国ぶりを見せつけようとする。
今のプーチンならこういうことはないが、将来あるかもしれない。
 この映画の見所は、潜水艦という海の中の出来事と
地上のペンタゴン、さらにはシールズの3様がどうじに描かれること。
映画3本分の面白さになっている贅沢さ。
ジェラルドバトラーの沈着な判断、
ペンタゴンの右往左往、
シールズの精鋭の活躍と、どれもハラハラする展開。
こうした立体感のある構成なので見応え十分。
そしてリアルな展開が素晴らしい。
ペンタゴンではモニターで全て監視できるというのも近未来の戦争だ。
 潜水艦という、外が全くわからない世界なので、ソナーしか手段がない。
ただでさえも緊張感があるのに、迎撃ミサイルや機雷などの攻撃がそれに拍車をかける。
そして見所は、なんとロシアの艦長やロシア大統領との接触だ。
こういう展開は予想だにもしなかった。
ラストは涙さえ出る様な展開になってる。
これはすばらくよくできた脚本だ。
 ラスト、テロップでミカエル・ニクグイストに捧げると出る。
ロシア艦長を演じていたのは、「ミレニアム」で編集長ミカエル役をやった俳優。
「M:I」にも出てる。その人物が亡くなっていた。
まだ50代なのに肺ガンで17年に亡くなっていた。
ジェラルド・バトラーとの友情が胸打つだけに残念だ。

















あらすじネタバレ






















ロシア、バレンツ海
ロシア海軍アクラ型原子力潜水艦コネクが海底深く進行している。
その後をアメリカ海軍ロサンゼルス級攻撃型原子力潜水艦(ハンターキラー)タンパベイが
こっそり尾行していた。
突然、コネクの側面が爆発。
同時にタンパベイの真上から魚雷が命中、爆発する。
 ペンタゴンの国家軍事指揮センターでは、
フィスク准将が一報を受け、艦隊司令長官ドネガンのオフィスを訪ねる。
フィスクは、派遣できるバージニア級原子力潜水艦(ハンターキラー)アーカンソーを
捜索に当たらせるように指示。
ジョー・グラスを新指揮官に任命するよう薦めた。
休暇中のグラスの元にヘリが飛んでくる。
副長ブライアン・エドワーズが極秘指令書をグラスに渡す。
休暇中の船員をすぐに集めるように指示する。
 NSA主任分析官のジェインは、
ロシアの海軍演習やザカリン大統領とデュロフ防衛大臣が会うタイミングが
一致している事が危険な事態になる事を懸念していた。
そこでジェインは、フィスクに特殊部隊を秘密裏にロシアへ派遣するよう要請。
タジキスタンで演習していたピーマン率いる4名のシールズがその極秘任務の指示が飛ぶ。
 先任伍長はグラスに潜水艦コインを渡そうとするが、
グラスは最初に乗船した潜水艦で激闘を経験した時のコインを大事にしていた。
ロシア、ポリャールヌイ海軍基地。
側近のオレグを連れたザカリン大統領が到着、デュロフ防衛大臣が迎える。
シールズは、ロシアの高度上空を飛行する飛行機から敵の探知を防ぐため、
HALO降下(高高度降下低高度開傘)をする。
ロシア、コラ半島海域。
グラスは小型探査器で付近を探らせる。
海底に沈むタンパベイを映すライブ映像が飛び込んで来た。
艦内では多くの死亡した船員達が浮かんでいた。
潜水艦上部には大きな穴が開いており、魚雷による破壊だとわかる。
グラスは直ちに全船員招集命令を下し、タンパベイは敵対行為により
沈められたと上部へ報告するよう命じた。
そのときソナー担当が金属を叩くような音を検知。
明らかに救助を求める音であり、グラスは生存者の捜索を開始。
ソナー担当は、頭上から別の音を検知したと叫ぶ。
水上近くに浮く氷山の真下にロシアの潜水艦が身を潜めていた。
誘導装置搭載の魚雷をアーカンソーに向けて2本発射する。
魚雷接近を探知したアーカンソーはデコイを使い魚雷をかく乱。
反撃の魚雷を発射するが、氷山で場所を特定できない。
グラスは、魚雷を180度回転させ水上40フィート付近を探せと命じる。
画面に魚雷から送信されて来た地形画像に氷山の形や深さが映し出された。
そして、隠れていたロシア潜水艦が浮かび上がり魚雷が命中。
大きな爆発と共に氷山が粉砕した。
しかし、ロシアの魚雷がもう1本アーカンソーを追っていた。
グラスは撃沈されたタンパベイ似迎えと命じる。
アーカンソーは直前で向きを変えると魚雷はタンパベイに着弾。
再び金属を叩く音がスピーカーに流れた。
 ザカリンとデュロフの所にアメリカがロシアの潜水艦を撃沈したと報告が入る。
デュロフは、ロシアの領海であり主権をまもるため即報復するべきだと進言するが、
ザカリンはアメリカの大統領と先ず話をするという。
ペンタゴンでも一報を受けたフィスクはドネガンに報告。
 アーカンソーは、海底に沈んだもう1隻の潜水艦を発見。
側面に開いた穴の形状から、魚雷による外からの攻撃ではなく内側からの破壊によるものだと判断。
救助を優先するグラスに対し、副館長は反対する。
グラスは、相手も命令に従ったのだと諭し、状況が分からない今は
事情を掴んでいるのはロシア潜水艦内の生存者だと説得した。
小型救命艇でロシア潜水艦へ向かう、
船員がハッチを開けると、そこに艦長らしき人物3人がいた。
指揮官のセルゲイ・アンドロポフと以下生き残った船員だった。
グラスは、低体温症の治療を施し見張りを着けるよう命じる。
 ポリャールヌイ海軍基地を一望できる場所に陣取ったシールズ隊員は、
潜水ドローンを接近させ、マルティネリがスナイパーライフルで監視を始める。
 デュロフは、国会や軍の幹部にはザカリンが体調を崩したと伝え
自分が指揮権を継いだ事を報告済みだと挑む。
ザカリンとオレグが部屋を出ようとすると、
デュロフに着いて来た軍の上官がオレグを撃つ。
トレチャクはザカリンにも銃を向ける。
デュロフは、今後軍の指揮権は自分が握り如何なる脅威からも国を守ると言い、
国内の弱腰にも立ち向かうとザカリン大統領を監禁。
クーデターだった。
 その光景をドローンが捉えペンタゴンの国家軍事指揮センター全員が目撃。
ドネガンは戦争準備を始めるべきだと大統領に主張。
ジェインは、ロシアが背後に居る訳では無く、デュロフが1人で企てたクーデターだと主張。
フィスクはすでに特殊工作員が待機していると大統領に伝える。
ザカリン大統領を救出してクレムリンに渡せば、事態は収束すると進言。
大統領は戦闘準備をする一方で、フィスクにザカリンの救出作戦に対する大統領承認を与えた。
  アーカンソーにはポリャールヌイ海軍基地へ向かい、
クーデター下のザカリンと彼を奪還するシールズ4名を保護する大統領命を伝える。
機雷やセンサーが密集する海域をどう突破するのかとエドワードが聞く。
グラスは地元の案内人に頼むと答えた。
アンドロポフはアメリカに攻撃されたと信じ沈黙するが、
潜水艦に開いた穴の写真を見せ、中から爆発した証拠を突きつける。
デュロフが扇動して起きたクーデターによる破壊工作だと伝え
ポリャールヌイ海軍基地で拘束されているロシア大統領を救出するため、
力を貸してほしいと頼む。
拒むアンドロポフだったが、どちらの側に着くかの問題では無く未来の為だと訴えた。
グラスは、厳しい視線を向ける船員にコネクの指揮官アンドロポフだと紹介。
エドワーズは、極秘システムを見られる事を危惧し軍法会議ものだという。
グラスは、アメリカが一度も足を踏み込んだ事の無い海域を隠密に潜航しなければならない、
その海域を知っているアンドロポフに案内を頼むという。
音響センサーに近づいているとアンドロポフが注意を促す。
全船員に決して音を立てない様、先任伍長がアナウンスした。
皆息を殺している中、魚雷を固定しているナットが緩み音を立てる。
船員がレンチで閉め音が停まるが、安堵した拍子に船員がレンチを落とす。
床に落ちる寸前に別の船員がレンチを掴んだ。
次は避ける事がほぼ不可能な磁気性起爆地雷に近づいているとアンドロポフが場所を示し、
海溝壁の中を抜けろと助言。
エドワーズは海図に存在しないと訴えるが、アンドロポフはアメリカの海図が間違っていると言う。
そこには抜け道があった。
アンドロポフがグラスへ視線を向けて頷き、グラスが微笑んだ。
 怪我をしたマルティネリ以外のシールズ3名は、基地に向かう途中で傷ついたオレグと出会う。
デュロフの企みを知るオレグは、ピーマンに大統領救出を手伝うと告げる。
ザカリンが拘束されている部屋まで壁を登って行く。
ビーマンがC4で扉を爆発させて個室に閉じ込められていたザカリンを助け出す。
爆発音を聞いた兵士達が次々に乱入し、シールズが迎え撃つ。
何とかザカリンを地上へ下ろしオレグが命を犠牲にして時間を稼ぐ。
しかし、圧倒的な数のロシア兵の前にシールズ隊員も命を落とす。
逃げるピーマンと大統領は橋の上で追い詰められた。
しかしロシア兵が次々倒れる。
山間でスナイパーライフルを構えるマルティネリが撃っていた。
埠頭に到着するとアーカンソーが寄こした小型救命艇が浮上する。
ビーマンはザカリンを抱いて泳ぎ潜水艦まで送り届けるとハッチを閉め、引き返して行った。
デュロフは、ロシア領海を出る前にアメリカの潜水艦を沈めろと激怒する。
 アーカンソーはロシアの軍艦が近づいている事を検知。
アンドロポフはデストロイヤーの船員は自分が訓練したから失敗はしないという。
何とかアーカンソーへ辿り着いた救命艇から出血の酷いザカリンを潜水艦へ移動する。
 ミサイルが接近とソナー担当が大声で叫ぶ。
グラスは、救命艇を敢えて切り離しデコイにすると、そこにミサイルが命中。
アーカンソーの船員はそのインパクトで体が投げ飛ばされた。
付近で次々にミサイルが爆発しアーカンソーは大きな損傷を受ける。
さらなるミサイルが飛んでくる。
グラスはアンドロポフに海底は柔らかいかと尋ねる。
アーカンソーをそこに潜り込ませる。
黒い泥が大きく広がり、魚雷が反れて爆発した。
ペンタゴンの国家軍事指揮センターでも、その爆発を感知する。
デュロフのクーデターを認識していないクレムリンにとっては、
アメリカがロシアの大統領を拉致し殺害したと取られ、
フィスクの余計なオペレーション計画のせいで、戦争が始まったとドネガンが激怒した。
 アメリカの北大西洋艦隊が一斉にロシアへ向かい始める。
デュロフは筋書き通りだと微笑む。
ロシアの北方艦隊が動き始めた。
その頃、足を引きずりながらマルティネリが下山してたがロシア兵に囲まれる。
その時、ロシア兵が倒れる。
追いついたピーマンがマルチネスを救ったのだった。
「腹ごなしにやってきた」
 アーカンソーの浸水は激しく、大ダメージを負っていた。
撃沈したと思ったデストロイヤーは海底に潜んでいたアーカンソーに気づき、再び攻撃に準部をする。
ソナー担当はデストロイヤーにロックオンされたと告げる。
グラスは、アンドロポフにデストロイヤーの船員を訓練したかと尋ねる。
アンドロポフは全員を熟知していると答えた。
「証明してくれ」
アンドロポフは通信機を手に取り、船員1人1人の名前を呼んで指揮官のアンドロポフだと伝え
自分の意思で米潜水艦アーカンソーに乗船していると話した後、攻撃中止を命じた。
デストロイヤーの目前にアーカンソーが浮上する。
海上に出た事で信号を受信したペンタゴンでは、
ジェインとフィスクがドネガンにアーカンソーが無事だと報告。
デュロフの息が掛かるデストロイヤーの船長は攻撃を命じるが、誰一人従わない。
次いでザカリン大統領が同乗してる事を伝え、
アメリカの船に攻撃をすれば反逆罪だと交信して来た。
 デストロイヤーの船長からこの報告を受けたデュロフは、トマホークミサイル攻撃を命じる。
ペンタゴンはこれを感知し、ドネガンが先制攻撃の準備を指示する。
ジェインは、ロシア領土を攻撃すれば核の報復を受けると進言。
ドネガンはアーカンソーのグラスへ連絡し、攻撃しろと直に命じる。
グラスはミサイル発射の準備を命じた後、腕組みをして考え込む。
アーカンソー上部のミサイル格納口が開く。
複数のトマホークが弧を描いて上昇しアーカンソーへ向かう。
5秒で命中と通信官が伝える
グラスは動かない。
迎撃不可能と船員が声を上げ、全船員が覚悟した瞬間、爆発音が響く。
アーカンソーに着弾する直前で全トマホークミサイルをデストロイヤーが艦砲で撃ち落としたのだった。
続いてデストロイヤーはミサイルを発射。
ポリャールヌイ海軍基地の指令室で外の状況見ていたデュロフの目にそれが映る。
2発のミサイルが直撃し、海軍基地本部の入るビルは粉砕。
 アーカンソーの船員達は安堵の表情を浮かべ肩を抱き合う。
グラスはアンドロポフとザカリンに近づき礼を述べた。
ザカリン大統領は何故この結果が分かっていたのかと聞く。
グラスは「わからない」「希望に懸けた」という。
ペンタゴンもロシア艦隊がザカリン大統領から直接指示を受け退却していると知る。
一斉に拍手が起きドネガンも手を叩きながらフィスクに握手を求める。
  アーカンソーからデストロイヤーの救命ボートにザカリン達が乗り込む。
グラスと握手を交わした後、アンドロポフは自分の手の平に渡されたチャレンジコインに気づく。
それは、過去に2人が戦火を交えた際にグラスが乗船していた潜水艦のコインだった。
アンドロポフはコインを見つめ、グラスに笑みを向けた後ボートへ乗り込んだ。
 アーカンソーにボートが近づき、ビーマンとマルティネリが到着。
労をねぎらうグラスに、狭い所は苦手だと言いながらビーマンがタラップを降りた。
両脇をロシア戦艦に護衛されたアーカンソーが航行して行く。
テロップでミカエル・ニクグイストに捧げると出る。



監督:ドノバン・マーシュ

ジョー・グラス (ジェラルド・バトラー)
艦隊司令長官ドネガン(ゲイリー・オールドマン)
フィスク准将(コモン)
ロシア大統領ザカリン(アレクサンドル・ディアチェンコ)
セルゲイ・アンドロポフ艦長(ミカエル・ニクヴィスト)
デュロフ防衛大臣(ミハエル・ゴアヴォイ)
NSA主任分析官ジェイン(リンダ・カーデリーニ)
ビル・ビーマン(トビー・スティーブンス)
マルティネリ(ゼイン・ホルツ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック