ケニーvs棚橋

画像

10月8日
両国国技館で新日、秋の天王山が行われた。
メインの試合はケニーと飯伏とCodyのIWGP戦、
これが珍しい3WAYマッチになった。
それに同門の3人による対決なので違和感あり。
それでもケニーが飯伏をダブルアーム式片翼の天使で沈めた。
これでケニーがIWGP王者として1・4のメインに立つ。
そしてそして、
注目のチャレンジャーには棚橋が残った。
G1覇者として挑戦権利書を持つ棚橋に執拗に迫るジェイ。
今まで分が悪いから、かなり危惧していた。
最近の棚橋は全勢期に比べて遜色ない動きだが
どこか不安がつきまとう。
そこがまた新しい魅力ではある。
ジェイに不覚を取ったら、1・4のメインがケニーとジェイでは集客動員に問題が起こる。
だいたいジェイのプロレスセンスは疑問符がつく。
ここはなんとしても棚橋に踏ん張って欲しい。
その新日やフアンの願いと、
棚橋の好調さが加わって辛くもジェイに勝利。
ブレードランナーは入る前に隙があるからこれを切り返しての首固め。
SANADAが言うように頭から落とすだけがプロレスじゃない。
そういえば、今までのパターンではIWGP権利書を
持った選手は全てを退けている。
棚橋は外道のメリケンサックも防御しての防衛なのに
そのあとジェイの汚いやり方で後味は悪い。
ここでオカダが外道に一撃をしたのだが
バレットクラブOGにより返り討ち。
すると、オカダにかけ寄ったのが棚橋、
ひょっとしたら棚橋との接触もありそうな気配。
ともかく、これで1.4のメインはケニーと棚橋になった。
絵になる棚橋が久しぶりのメインというのは
嬉しいではないか。
今年のプロレス大賞候補にもなった気がする。
前売り発売が待ち遠しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック