「パパはわるものチャンピオン」

画像
画像

 「パパはわるものチャンピオン」ロサで観る。
これは新日のレスラーが出るし、棚橋主演とくれば内容はともかく観なくては。
思っていたよりかなり感動的。
でも演出がいまいちなので何か物足りなさを感じた。
いい題材なのに、取って付けた演出になった。
いけないのはプロレスの魅力が表現できていないからか。
なんというか、そうスピード感や重量感がない。
子供目線というのも気に入らない。
まあ、原作が絵本なのでしょうがないが
子供や難病を題材にする映画は卑怯だ。
プロレスで言えば反則行為になる。
まあ、5カウント以内なら許されるからいいか。
 たしかに寺田心はうまいな。
この子が主役になる。
お父さんの職業を、こんな小学3年生が急にリスペクトするっていうのはややおかしいが、
そういうことになってる。
こういうのがわかるのはもっと大人になってからだろう。
ここが邦画の甘いところだな。
それでも大村の奥さんが子供に言う「大人になっても好きなことを仕事にできるのは幸せなことなの」
という言葉はいいね。
こちらも好きなのことが仕事になってるから、そういいうことだ。
この作品は、お父さんの仕事を子供目線で描いてる。
 プロレスをこういうまじめなストーリーにするのは初めてだ。
海外ではいろいろあって、猫パンチのミッキー・ロークが演じた「レスラー」は感動的だった。
こういう大人が見ても感動できる形になっていればよかった。
監督は知らない人だけど、プロレスをあまり知っていない気がする。
プロレスシーンが結構多いのはいいが、もっと映画らしいアングルで撮ってもらいたい。
これではテレビの中継と同じだ。
ハンデイを使って、臨場感を出せる。
テレビでは描けないアングルもあるはず。
それでも新日のレスラーが、しっかり演技してるのは感動的。
もともとレスラーはパフォーマンスができなければ一流ではないから
下手な役者よりは上手いのは当然。
全員自然体でいいじゃないか。
主演の棚橋は特にいい。
さらに田口監督がまた自然でいい。
ゴキブリマスクの相棒で銀蠅というキャラもいいじゃないか。
すけべキャラよりこっちの方が合ってる。
 棚橋はお父さんとして悩む姿がいいじゃないか。
ゴキブリマスクとしての演技もいい。
こういうレスラーがいてもいいかもしれない。
いま、ヒールレスラーというポジションはあまりないけれど、
唯一、飯塚がその位置にある。
彼の子供もこういう葛藤を感じているのかな。
たしかにレスラーにも子供がいるから、そういう子供の気持ちになると複雑だ。
これは他のスポーツ選手にも言えることで、スターである選手の子供も
そうでない選手の子供も、親子の関係はいろいろあるだろう。
有名選手の子供はより将来のプレッシャーに悩む。
それは普通のお父さんにも言えることかもしれない。
かっこいい仕事なんてない。
一生懸命やってる姿を見せるのが一番。
このゴキブリマスク大村(棚橋弘至)はかつてはチャンピオンだったが膝の怪我でその座を去る。
その後、詩織(木村佳乃)と結婚して子供ができ、10年後の話となる。
子供しょう太(寺田心)9歳小学生3年生、
親に似ず体が小さいのが悩みらしい。
友達もいるが、小さいためかいじめにも会ってる。
男子に比べ女の子は大人だ。
ちょっと可愛い女の子は本当にませてる。
そんな学校の日常もほのぼの描いている。
ここに絡んでくるのが雑誌編集部の女性記者大場ミチコ(仲里依紗)、
このキャラは編集部に一人は居そうな活発なキャラで、好感が持てる。
たしかに知り合いにもこの子に似た記者がいた。
メガネ女子だが可愛い。でも男にモテそうもない。
しょう太に 「ミチコに彼氏いたの?」と突っ込まれるシーンは笑う。
その彼女がプロレスマニアというのも今風。
マニアが集うお好み屋があるっていうのもいいね。
ここにふらりと、内藤とヒロムがやってきたのはご愛嬌。
「トランキーロ」と一言セリフもあった。
 この、プロレス団体は新日をもじったライオンプロレスで、ディファ有明が主会場のよう。
これってノアみたいだな。
そこのエースだった大村は、ひざの怪我のため、いまはヒールレスラーとして残っていた。
やっぱりなんだか飯塚を思わせる。
 G1クライマックスもじったZ1クライマックスでゴキブリファイトをを封印し、勝ち進む。
この団体のトップはドラゴンジョージ(オカダカズチカ)だった。
そのオカダが、次の王者対戦相手にゴキブリを指名する。
ここも新日であるシーンに似てる。
オカダが発するのがそっくりそのままなのもいいね。
現在、オカダが無冠で棚橋がIWGP挑戦者というのも映画と反対でおもしろい。
無敵のオカダの失速に、ゴキいや棚橋の復活がオーバーラップして、
見ていてジーンとしてきた。
棚橋も復活する前はどん底だった。
エースから落ちており、この復活は映画の様にダブル。
こういうとこにはジーンとくる。
たしかに幼い子供のために頑張るお父さんの演技もいいけど、
現実の棚橋とオカダのポジションが見えてじわりと来た。
いろいろツッコミはあるけれど、こうしてプロレスを題材にしてくれた映画はうれしいこと。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック