火炎土器アイス

画像
画像

「縄文展」でじっくり見た火炎土器。
ほんといいデザインだ。
岡本太郎が衝撃を受けたのもわかる、
この造詣美には感動する。
よく見ると、何かに似てる。
ソフトクリームのカップ、コーンだ。
こういうコーンがあればゴージャスだ。
 先日、ソフトクリームの総合メーカー 「日世」に取材に行った。
知らなかったけど、日本にソフトクリームを初めて紹介したのはこの会社。
「日本と世界をつなぐ」ネーミングだが、当初は「二世」という名だった。
創業者の田中氏が日系二世だったから。
戦後間もなく進駐軍が独立記念日を祝った際ソフトクリームを会場で売った。
それに目をつけた田中氏はフリーザーを輸入しコーンもクリームも作って全国に広め、
いまシェアは圧倒的。
「ソフトクリーム」という名をつけたのもここ。
これは和製英語でアメリカでは通じない。
もしそう言うと、化粧品が出てくるという。
英語では「ソフトサーバー」というらしい。
当初はコップ型のコーンだったが大阪万博あたりから円錐型になって
その後、ローレル型になったという。
いまはもっとすごい上質なコーンになっている。
生地にラングドシャをつかい、脂肪分の高いまろやかで濃厚ソフトクリームになっている。
ソフトクリームとアイスクリームは同じだけど、
生と冷凍の違いだという。
カウンターで握る寿司とパックに詰めた寿司のようなもの?
コーンはトウモロコシとは関係なくて、道路工事の三角錐とおなじ意味。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック