スーパーストロングマシン引退

画像


日本がコロンビアに勝った19日、
新日で活躍したレスラーの悲哀があった。
スーパーストロングマシンが引退。
そしてビッグバンベーダーが死去。
どちらも80年代新日のリングを沸かせた外敵で
時代を象徴したレスラーだった。
84年にSSマシンが登場。
体はあったが地味で真面目な性格で
いまひとつブレイクしなかった。
それでもSSマシンのキャラは強烈。
魔神風車固めはいまだに誰も真似できない必殺技。
19日にSSマシン69が決めたのは感動だ。
そして場外でスーツ姿のSSマシンが内藤に
ラリアットしたのも有終の美。
61歳の年齢もあるが、奥さんを今年無くして
引退を決意したのも泣かせる。
最後の挨拶も奥さんの名前だったのは平田らしい。
 ビッグバンベイダーは1987年に
たけし軍団として突如新日に乗り込み
その脅威的な破壊力で猪木や長州に牙をむいた。
IWGP王者の初外人レスラーだった。
もう63歳だったとは驚き。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック