バヤリース

画像
アサヒ飲料の「バヤリース」の取材に行って知った。
沖縄のバヤリースは味が違う。
濃いらしい。
これは戦後米領だったからバヤリースが直輸入され、
そこで製造されていたから。
返還後は「沖縄バヤリース」がそのままの味で作っていた。
本土は進駐軍のために輸入されていて、
戦後規制もあって「ウイルキンソン社」が製造し
「アサヒ」販売していた。
その後規制が緩和されて日本風にブレンドし、一般に売り出した。
アサヒ」が製造販売するようになって、色々なバヤリースが登場。
バヤリースオレンジも時代とともに味が変わってきてる。
最近はすっきり爽やか系になっている。
ところが沖縄は昔のまま。
その沖縄バヤリースは昨年末解散した。
でもアサヒが引き継いで、味はそのままにしているという。
これは知らなかった。
4月に行った時、暑くて水ばかり飲んでいたが、
知っていたら「バヤリース」を手に取っただろうね。
今度行ったら飲まなくては。
沖縄はボンカレーだけじゃなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック