寓想雑貨店の朗読公演

画像

阿佐ヶ谷にある、「かもめ座」で朗読劇があった。
知人の劇団員が出演してるので、久しぶりに劇を見た。
「かもめ座」は定員数十人の小じんまりした小屋。今年開演10周年という。
入るとすぐイス席。まあ、ふつうこういうものだが、狭い。
 本日は寓想雑貨店の第7回朗読劇。
先に朗読劇みたいなものを見たけど、今度はまともな朗読劇。
本を読む横でドラマが進むというもので、なかなかおもしろい。
たしかに観客はその朗読でシチュエーションがわかるから、
むだな演技が必要ない。演じるほうも絵の一部になったかのようで演じればいい。
セットもイマジネーションでいけるから、簡素でいい。
こういう芝居もありだ。
内容は伊坂幸太郎の「ポテチ」。「フイッシュストーリ」の中の短編。
読んだことはないが、軽い都会的な小説と知っている。
内容がいいから劇にぴったり。
昨年、青山劇場でやっていたようだが、それはメジャー作品だったようだ。
 今回はこじんまりしてより合っていたかもしれない。
電話やケータイなど、小道具をちゃんと使えばいいようだが、
すべてパントマイム的なのはどうなんだろう。
それでもよくできた作品なので見応え聞き応えがある。
演出も劇団員もうまいから、劇に引き込んでくれる。
最後はぐっとくるものがあり、後ろの席ではすすり泣きも聞こえた。
そこまでほどの演技ではないけど、まあかなりよかったかな。
 沢谷さんがいつのまにかお母さん役になっていたのは驚き。
まあ原作のぽっちゃり母さんには似合っていたけど・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック